興信所の結婚調査で、損しない方法とは

電話: 0120-96-0061

結婚調査で損しない方法とは

興信所の調査には、結婚調査というものがあります。
付き合っている彼氏彼女と結婚を考えている。でも、自分の知らないところで彼氏や彼女がどんな生活を送っているのか、交友関係などを調べたい。そう思って結婚調査を興信所に依頼される方はいらっしゃいます。

また、最近は婚活などで知りあった男女が、相手のプロフィールを確かめるため、興信所に結婚調査を依頼されるケースもあるので、興信所の結婚調査の需要は増えています。

そこで、結婚調査を依頼する興信所選びを失敗したくないという方へ、結婚調査で損しない方法をご紹介します。

・事前の情報を集めておく。

結婚調査を興信所へ依頼する前に、まずは、相手のことを詳しく調べておく必要があります。
相手の名前や住所、職業や職場の住所、休日の過ごし方や行動範囲など、自分で調べることができる相手の情報を確認しておき、結婚調査を依頼する時に興信所へ伝えましょう。
この情報量が多ければ、結婚調査がスムーズに行えるので、結婚調査に必要な時間を短縮することができるかもしれません。

・割高な興信所に注意する。

興信所の中には、割高な料金で結婚調査を行っているところもあります。
結婚を考えているなら、ここで余計な出費は極力避けたいというのが、結婚調査をする方の本音だと思います。
結婚調査では、結婚相手の行動を尾行や張り込みによって調査します。
結婚調査の料金は、調査員1名1時間当たりの金額と、調査にかかった時間、調査に動員した調査員の人数によって、およその金額を
計算することができるので、他社と比較してみましょう。

・契約内容をしっかり確認して、成功条件を決めておく。

結婚調査では、成功条件が曖昧になることがあります。
成功条件を曖昧にしておくと、調査を不当に長引かせたり、成果が無いのに成功報酬を取ろうとする悪質な業者も存在します。
これが後で興信所と成功報酬の支払いでトラブルに発展することがあります。
興信所へ結婚調査を依頼する場合は、調査契約を結ぶ段階で、どの様な条件で調査を成功とするか、必ず成功条件を決めてから結婚調査を依頼するようにしましょう。

・婚約者達に気付かれないように調査をする。

結婚調査は、婚約者本人ではなく婚約者の親族が、結婚相手の調査を行うケースがあります。
婚約者の親族が調査を行う場合は、婚約者達本人に気付かれないように注意して調査をしてもらう必要があります。
もしも、婚約者達に結婚調査をしていることに気付かれた場合、婚約破棄やその後の家族の関係に大きな影響を与えます。
そのため、結婚調査を興信所へ依頼する際には、調査力の高い興信所を選び依頼するようにしましょう。

・秘密を絶対守ってくれる探偵に結婚調査を依頼する。

婚約者に結婚調査が気づかれないように調査をするのは当然ですが、結婚調査で知り得た情報を故意、または過失であっても外部に漏らすような興信所に依頼したくはないはずです。

探偵には調査で知り得た情報を守る守秘義務があります。
結婚調査を依頼する探偵事務所が、調査内容の管理と保守にどんな対策を取っているのか知りたいところです。

いかがでしたか?これから興信所へ結婚調査を依頼されようと考えている方は、以上の点に注意して、結婚調査を依頼すれば、損をする可能性は低くなります。

当社でも、結婚調査を承っております。結婚調査の詳しい内容についてご質問などあれば、お気軽にご相談ください。
電話: 0120-96-0061