探偵の依頼内容

探偵に依頼される調査には、主に以下のものがあります。

・配偶者や交際相手が浮気をしていないかどうかを調べる「浮気調査」

これは、依頼内容の対象者が単なる交際相手よりも、圧倒的に多い対象者は夫・妻など配偶者になるようです。

恋人への浮気調査は、ただ交際相手の不貞行為を知りたいというもので、調査の結果浮気をしていたことが判明したとしても、ただ別れるだけになります。暴力などの行為が行われた場合は別だと思いますが、基本的に慰謝料とかを請求することができません。

しかし、配偶者の浮気の場合は違います。探偵の調査の結果、浮気をしているハッキリとした証拠をつかみ、配偶者の不貞行為が認められれば、配偶者へ慰謝料を請求することができます。

配偶者への慰謝料はいくらほど請求できるかは、場合によって変わってきますが、平均は400万円ほどになるようです。

また不倫相手へ損害賠償を請求することもでき、損害賠償の請求額は100~200万円ほどにもなるようです。

慰謝料に関するページはこちら

この慰謝料などから、探偵への調査料の支払いを考えたり、弁護士を利用しての離婚の場合には、弁護士への弁護料を考えることが多いという理由から、浮気調査の対象は配偶者の場合が多いのです。