警戒心の強い相手の調査は難しい?

警戒心の強い人の調査は非常に大変になることが多いです。

もともと警戒心が強い方ではなく、尾行されているではないか、誰かが見張っているのではないかと思うきっかけがあって、警戒心が強くなるものです。

結構多いのが、依頼者自身が探偵に頼んだことを言ってしまうことです。これから探偵に依頼するからなど、懇親所のことをほのめかすことを言うことも含まれます。

口げんかになってしまってカッとなって、調査していること、「これから調査を依頼するから」など、つい言ってしまう人がいるようです。

対象者は、尾行されているかもしれないと思うと、非常に警戒心が強くなってしまいます。

探偵が一番恐れるのは、対象者に調査していることがバレてしまうことです。

対象者の警戒心が強かったとしても、なんとしても証拠掴むために(浮気調査なら浮気の証拠)、その後も調査も続けますが、非常に大変です。

大変な調査になると、調査が成功するまで日数がかかってしまう可能性があります。

それだけ用意周到に準備し、慎重に調査を行いますので、調査料金も割高になることがあります。

調査を確実に成功させたい、割安で調査を頼みたい場合、絶対に対象者の方に尾行や張り込みなど調査をほのめすことすら言うのは避けてください。

依頼者が自身でバラしてしまうこともありますが、調査スキルのない探偵が下手な調査を行いバレてしまうこともあります。

2度目に別の興信所に頼んで調査を成功させることも可能ですが、バレた後の調査というのは警戒心も強くなっているので、非常に難しくなることが多いです。

最初から信頼がおけて、調査スキルのある探偵に依頼するようにしましょう。