盗聴器トラブル対策

多くの人が盗聴発見の仕事というものがある、盗聴器はよく仕掛けられているものだ、と知ったのは、探偵の人がテレビでハンディ型の機材を持って調査している姿を見たからだと思います。

それまでは、盗聴器なんて一般の家庭に仕掛けられているとは思いませんでした。

テレビでは、町中を車で徘徊し、盗聴電波を拾ったら、そのアパートやマンションに突然訪問し、盗聴器が仕掛けられている・撤去します、というものでした。

テレビだからまだいいですが、いきなり探偵一人で乗り込んできたら、女性は特に怖いのではないでしょうか?

トラブルの元になるのですが、盗聴器を発見しても、家主や依頼者にそれを見せずにすぐに外してしまうのは注意が必要です。

本当に盗聴器が仕掛けられていたのかが怪しまれます。ヘタしたら、その探偵が疑われる可能性があります。

素人には専門的なことはわからないだろうと思って、悪徳探偵なるものが主没した時期がありました。

みんながみんな悪徳探偵というわけではありませんが、興信所というもは資格を必要としませんので、スキル不足から誤解やトラブルを起こすことも多いようです。

依頼する側も盗聴や探偵についての知識をある程度持っておき、常にスキル向上に努めましょう。