Q: 探偵になるために必要な資格はありますか?

A: 探偵になるために必要な資格はありません。
  例えば、車の免許のような資格は探偵業を行う上で必要ありません。

しかし、探偵業を営むためには、《探偵業届出証明書》が必要です。
この《探偵業届出証明書》は、営業を行う前日までに、
各警察署を経由して公安委員会へ「探偵業開始届出書」に必要事項を記入、
また必要書類をそろえて提出したら発行してもらうことが出来ます。

《探偵業届出証明書》が無いと、探偵業務を行うことが許されません。
公安委員会への届出をすることによって、他人からの依頼を受けて、探偵調査を行うことができるようになります。
公安委員会へ届出を行った証明が《探偵業届出証明書》となります。


探偵に必要な技能は?

また、探偵になるためには資格ではありませんが、必要な技能はあります。

例えば、浮気調査や素行調査を行うために尾行調査、
張り込み調査といった調査技術を身につける必要があります。

他にも、調査で証拠の撮影をするために
調査機材の使用方法も知っておく必要があり、
盗聴器発見調査では盗聴器発見機材などの、
特殊機材の使用方法も知っておく必要があります

探偵には資格は存在しませんが調査に必要とされる技能がたくさんあります

これらの技能に関しては、自分で勉強することも出来ますが、
全国にある探偵学校へ通うことで、探偵になる前に技術を身につけることも出来ます。
探偵になるために必要な資格はありませんが、探偵調査員になるために求められる資質はいくつかあります。
もしも調査員になりたいなら、資質があるかどうか、自分を見つめなおすことが必要です。

調査員になるために必要な資質について、下記の記事が参考になります。
調査員になるための資質はありますか?