浮気調査の料金についての対談、成功報酬はお得?

Akai探偵事務所 
代表 継野勇一

【プロフィール】
大阪府出身
法政大学経済学部卒業

全国14拠点のAkai探偵事務所の代表
日本で初めて、証拠が取れなければ、料金0円 の完全成功報酬を導入(2002年)。その後、100%成功報酬での最安値保証(浮気調査のみ)のサービスを展開。
光学1400倍ズーム撮影システムを所有。

【著書】
  • 浮気男とストーカーをギャフンと言わせる方法
  • 浮気調査を探偵に依頼する前に読む本

【趣味】
格闘技全般(総合格闘技、柔術)
読書(宇宙、サイエンス系、ビジネス本等)
さっぽろ探偵事務所 
代表 和泉慎一

【プロフィール】
大阪府出身、北海道に移住して10年目

さっぽろ探偵事務所の代表
北海道総合調査業協会 監事

【経歴】
無線メーカーでソフトウェアエンジニアとして勤務、CCD機材の販売員を経て独立開業した。

CCD販売で培ったカメラの知識や撮影技術に加え、保有する調査機材が非常に豊富。その圧倒的な調査機材を活かし、北海道では貴重な、ホンモノの完全成功報酬を導入している。

【趣味】
アウトドア(釣り・キャンプ)。船舶免許所有。
雪の中で薪ストーブを設置するような本格的な遊びをしたりします。
猫が好きで、保護猫関係の活動も行う。

プロローグ


継野
どうも、おひさしぶりです、現状、コロナ禍という事もあり、リモートで対談させていただきます、よろしくお願いします。
和泉
はい、よろしくお願いします。
継野
今日の対談のお題は、浮気調査の料金について、その中で、100%成功報酬(完全成功報酬)は、本当に得なのか?というものです。まず、僕の見解から言っていいですか?

和泉
ええ、どうぞ
継野
あっ、その前に、100%成功報酬の定義を言っておきます。
着手金0円で、諸経費もすべて0円、裁判で不貞を立証できる具体的な証拠が取れた場合のみ料金が発生するというシンプルな料金設定です。完全成功報酬とは名ばかりの業者もあるので、定義は重要です(笑)
和泉
(笑)

継野
その上で、もし、僕が、お客様の立場で、探偵社を選ぶとすれば、こういう探偵社を選びます
和泉
はい

継野
100%成功報酬なのに、安い料金で調査してくれるところです。その上で、アフターフォローも手厚い方がいい

和泉
お客様目線で考えると、その方法になりますよね

継野
それと、成功報酬の場合は、成功条件を具体的に契約書に明記してもらうのは当然ですが、できれば、入れて欲しい文言があるんです
和泉
文言ですか?
継野
それは、裁判で証拠が否認された場合は、全額返金するという文言です。これは最強の文言ですよ、ドラクエで言えば、メラガイアーみたいなものです(笑)


和泉
確かに、それ、最強です(笑)。品質保障として、それ以上ないですもんね。。。それを聞いて、その文言、うちでも取り入れようと思いました。

継野
えっ、本当にいいんですか?

和泉
それで、お客様が安心して頂けるのなら、取り入れます

継野
いやあ、それは、凄いです。この対談やってよかったです。でも、本当に支障ないですか?

和泉
うちも調査力には自信があるので、本当に大丈夫です

継野
やっぱり、和泉さんは、本物の探偵ですよ。。口だけだったら出来ないですもん(笑)
和泉
(笑)

100%成功報酬は調査力のある探偵社じゃないと難しい

継野
正直、100%成功報酬を低料金で行う業者で、この文言を入れる探偵社は、うちと和泉さんとこくらいしかないかもしれないですね
和泉
確かに、ほぼなさそうですね(笑)

継野
実際、札幌では、完全成功報酬の探偵社は何社くらいあるんですか?

和泉
おそらく、北海道全域でも、弊社だけだと思います。

継野
やっぱりそうなんですね。全国レベルで見ると、ホームページで完全成功報酬を謳ってる業者は多いのですが、本物の100%成功報酬を適正料金でやってる業者は、実際少ないですからね。

和泉
はい

継野
まず、完全成功報酬と言いつつ、失敗しても料金を取られるパターンが多いですね。もしくは、料金が、異様に高いか。中には、500万円近い金額とか、高額過ぎる業者もありますから
和泉
それは、凄まじいですね

継野
そこまで高額だと、実質、完全成功報酬では請けられませんと言ってるのと同じことだと思います、浮気調査に500万円も払ったら割が合いませんし、逆の立場なら絶対に払わないですね

和泉
500万円とは、目眩がしてきますね(笑)

継野
あと、僕が、時間制の調査が好きでないのは、探偵業者に、調査を成功させようとするインセンティブがないんですよ

和泉
それは、めちゃくちゃ解ります

継野
例えば、探偵業界の悪癖に、わざと時間を長引かせたり、大人数で調査して料金を吊り上げるという方法がありますよね

和泉
はい

継野
業者からすると、日数が長ければ長いほど、利益が出る。
調査員も、2人よりも4人5人と大人数で調査した方が儲かる。
なぜなら、調査時間×人数が、業者の売上になるからなんですよね、つまり、調査が早く成功してしまったら、探偵業者は、全く儲かりません。なので、料金を吊り上げるテクニックが発達してきた。

和泉
発言としては、問題あるかもしれないですけど、このようなところが、探偵業界の良くないところだと思って、完全成功報酬を始めたというのがありますね

継野
やっぱり

和泉
笑い話ですが、あるお客様が、他の探偵社に依頼したら、4人の人数が必要と言われて、4人分の料金で契約したんです。

継野
はい

和泉
それで、どうしても、気になるから、そのお客様が、こっそり現場に見に行ったところ、マーチみたいな小さい車に男の人が4人乗っていて、びっくりしたという話があります。どうして、同じ車に4人乗っているんだってことで(笑)

継野
それは、まだマシな方ですよ。僕がお客様から聞いた話ですと、ある探偵社に3人で契約したので、こっそり現場に見に行ったら1人しかいなかったという酷い事案があります

和泉
3人分の料金を払ってるのに、酷すぎますね


継野
他にも、旦那様の勤務先で張り込みしたときに、3回連続で、勤務先から出てこなかったという報告をしていた探偵社もありましたが、これもうちがやったら1回目で、勤務先から出てきたと。ここまでくると、わざと調査を長引かせようとしてるとしか考えられない

和泉
確かに

継野
結局、何が問題かというと、時間制だと、調査時間を長引かせたり、大人数で無駄に調査する事が、探偵業者の利益になる料金システムなんですよ

和泉
はい


継野
しかし、100%成功報酬だと、浮気の証拠を取る事だけが探偵のインセンティブになるので、探偵は、調査を成功させる事だけを、真剣に考えざるを得ない

和泉
ありますねえ、その、意地でも撮らなきゃっていう。

継野
例えば、うちがホームページで公開している光学1400倍の超望遠ズームも、もともとは、100%成功報酬をやった事で開発したシステムなんです。

和泉
そうなんですか?

継野
ええ、めちゃくちゃ難しい現場で、撮影できる場所が全然ない、いろいろ探していたら、撮影ポイントを唯一発見できたんですけど、距離が遠すぎた

和泉
はい

継野
時間制だったら諦めてたと思うのですが、成功報酬だと諦めたら1円も貰えないので、超望遠システムにいきつきました。さすがに1000倍超えるズームの使用頻度は低いですが。

和泉
成功報酬だと諦めが悪くなりますよね。

継野
和泉さんはどうですか?

和泉
ありますよ。 あまり具体的に言うと問題になりますが、真っ暗闇で絶対に車でしか行為をしないという不貞があったんですよ。そうなると、高感度かつ超望遠のレンズも必要で、300じゃ到底追いつかない、500でもダメ、それで超望遠のレンズを買いましたね。
成功報酬だったので、買わざるをえないんです。むしろ買った方がメリットになるという。

継野
赤外線ライトも、強力なのがいりますよね?、うちが5200ルーメンのを購入したのも、成功報酬の為ですね

和泉
ええ、継野さんのホームページを見て、気になってました(笑)。うちも3000ルーメンのものを使ってますけど、遠距離でも撮れるので重宝します

継野
いやあ、3000ルーメンでも、めちゃくちゃ凄いですよ、そのクラスの赤外線を所有している業者は少ないんじゃないかと思います
和泉
(笑)

継野
成功報酬だと、しつこく機材について考えてしまいますよね。成功報酬で請けた人なら解ってくれると思います(笑)

和泉
時間制だったら、報告書がぼやっとしちゃいますね

継野
(成功報酬だと)結局、裁判で否認されたら、お金を返さないといけないので、ぼやっとした報告書が怖くなる。
裁判官に文句を言われない報告書を目指さざるを得ないんですよね

和泉
それは言えます

継野
僕は、2002年に、日本で一番はじめに完全成功報酬を取り入れたので、成功報酬への思い入れが、本当に強いんですよ。
なので、インチキな成功報酬や、高額すぎる成功報酬によって完全成功報酬のイメージが悪くなるのが、すごく嫌ですね。和泉さんみたいな探偵が、もっと増えて欲しいです。

和泉
(笑)

完全成功報酬を導入した理由とは

継野
ところで、和泉さんは、なぜ、完全成功報酬を導入したんですか?

和泉
やっぱりお客様自身が、後から料金を追加されるんじゃないかなど相談の時は不安の塊ですからね。料金はこれだけで全部なので、安心してくださいと言えます。やっぱりお客様には安心して欲しいですから。あとは先程言ったように、探偵業界の良くないところもありますし、継野さんは?

継野
僕の理由は、クレームですね

和泉
クレームですか?

継野
もともと学生の頃に自分でパソコンの家庭教師をやってたんですが、単発も入れたら100人近く教えていたんですが、クレームは0でした。
というか、クレームになりようがない仕事なんですよ、マンツーマンで教えるので、終わる頃には、ケーキやご飯をご馳走になる事も多くて、ご飯代は、浮いてました(笑)

和泉
それは、継野さんの人柄だからじゃないですか?(笑)

継野
それはないです(笑)。
社会に出てシステムエンジニアをやってたときも、直接お客様と接する事がまったくなく、お客様に怒られるという経験が皆無でした

和泉
僕もシステムエンジニア時代は、お客様に怒られなかったですね(笑)

継野
そうですよね、しかし、探偵事務所を立ち上げてからは違いましたね

和泉
それは、非常に解ります

継野
探偵という仕事は、お客様が思っている以上に、尾行の成功率は高くないんですよ、これはどれだけ完璧に機材や人数を揃えても一定の割合で失敗します。
成功率99%には絶対になりません。イチローでも打率9割は無理ですよね?、これがリアルな探偵の現場です。

和泉
本当にそれが、現実だと思いますね

継野
例えば、徒歩尾行で、駅まで尾行しますよね、そこで対象者がタクシーに乗った場合とか、後続のタクシーで尾行したりしますが、かなりの確率で失尾します。この状況では、バイクを併用しても成功率は少ししか変わりません


和泉
同感です

継野
しかし、依頼者さんの期待と実際の探偵業務とのギャップがあって、それがどうしても、クレーム、つまり、お客様に怒られるという事になるんですが、当時の僕は、これだけ機材も揃えて、一生懸命やっても、一定数のクレームは避けられないという事に悩みましたね

和泉
なるほど

継野
それで、アメリカの実力がある弁護士は、100%成功報酬でやっているという話をきいて、これだ!と思い導入したのが、2002年のことですが、成功報酬での調査が一番好きですね。クレームになる事がほぼ皆無になりますからね。これが業者側のメリットだと思いますね

和泉
たしかに、クレームは、ほぼほぼないですよね

継野
そうなんですよ、最終的に証拠が取れれば良いので、それがもう一つのメリットに繋がるんですよ

和泉
もう一つのメリットですか?

継野
成功報酬だと、調査がバレずらくなるんです

和泉
あっ なるほど、確かに、それは言えますね

継野
探偵の調査って、バレたら終わりですよね。尾行が失敗しても、何度でもチャンスはあるんですが、バレたら終わりという、、成功報酬だと成功しないとお金が貰えないので、無理な尾行はしません。バレる前に尾行を中断するので、結果的にバレずに、証拠を取る確率が上がります。これは時間制にはないメリットだと思いますね

和泉
確かに、バレたら、それ以上できないですもんね

継野
探偵は、最終結果だけを考えればいいので、確実に証拠をとれる方法を選択しますからね

和泉
それと、チャンスの時に探偵が勝手に動けるというのもメリットですよね?
継野
それも重要ですよね。例えばGPSの動きとか見てて、突然、対象車両が動き出したとか、そんな時は、依頼者さんに許可を得る事なく、素早く動いて証拠を取りにいけますからね
和泉
それが時間制なら、何時からの調査を入れましょうか?とお客様に、確認しないといけない。スタートダッシュが遅れるので、それでチャンスを逃す事があります
継野
そうなんですよ。どちらにせよ、僕は、100%成功報酬の調査が好きなんですが、なぜか嫌う業者さんもいます(笑)
和泉
成功報酬を導入してない探偵の方が多いですからね
継野
最近あった話だと、成功報酬をすごく批判している業者なんですが、時間制で総額120万円の見積もりを出してましたが、弊社は、そのお客様に、そこの業者よりも、もっと安い金額で100%成功報酬での料金を提示して、契約になりました。
失敗してもお金がかかるのか?、それよりも安い金額で、証拠が取れた時だけ料金が発生するのか?、どちらが、お客様にメリットがあるのか?、小学生でも判る話だと思います。
和泉
たしかに、それは言えますね
継野
なので、成功報酬を良くないと批判されるのがよく解らない
和泉
成功報酬がよくないというのは完全に業者目線の話で、調停や裁判に移行した場合、お客様のその後の人生を考えると、品質保証した上での成功報酬は、メリットしかないと思いますね
継野
もちろん、ニセモノの成功報酬を批判することは、真っ当な批判だと思うので、最後に、本物じゃない完全成功報酬の事例を少し列挙させて頂いてもいいですか?
和泉
どうぞどうぞ
継野
例えば、証拠が取れなくても総額0円にならないにも関わらず、完全成功報酬と謳っていたり、定額でないので、料金がどんどん加算されて行って、途中で解約するなら全額払えとか。
今日の日は、まっすぐ家に帰って、浮気をしてなかった事が判明したので成功したとか。
いろいろな手口があるので、このようなニセモノの完全成功報酬には、気をつけた方がいいと思いますね、一応、うちのホームページには、そういうニセモノの完全成功報酬の手口を載せてますが(笑)
和泉
語彙が少ないですけど、エグいっすね、謎掛けみたいな手口で。
継野
なので、お客様には、契約書のみを判断材料にして欲しいですね、契約書の文言以外は、全て無視するという(笑)
和泉
(笑)
継野
相談員のおばちゃんが親切だとか、事務所がお洒落だとかは全て無視して、契約書の文言だけで判断した方が確実ですよ、もちろん相談員の人柄が悪いのは、ダメですけど
和泉
それはその通りですね。お客様から、相談員の方は、親切だったのに。という後日談はよく聞きます。
継野
成功報酬は、まだまだ話したい事はあるんですが、ホームページの都合もあるので、この辺で終わりましょう(笑)。和泉さんは、調査機材もかなり、力を入れていると思うので、次は、調査機材で、話しませんか?
和泉
機材は、得意分野なので是非お願いします(笑)。今日はありがとうございました
継野
いえいえ、こちらこそ、ありがとうございました
100%成功報酬の注意点のおさらい
  • 100%成功報酬とは、着手金0円、経費も0円。
  • 100%成功報酬+料金の安さが重要
  • 後から加算されない、定額制を選ぶ。
  • 成功条件を細かく設定する、(曖昧な条件はダメ)
  • 裁判で不貞の証拠として否認されたら、全額返金
    (最強の文言を、契約書に書いてもらう)
先頭に戻る
専門探偵 Akai探偵事務所
0120-96-0061
24時間営業

内閣総理大臣認可 一般社団法人日本調査業協会 正会員 NO.1617(本部)
探偵業務取扱者 No.JISA(1)2303-0184
探偵業務取扱主任者 No.JISA(2)2502-0080

(c) 浮気調査特化型 Akai探偵事務所 All Rights Reserved.
電話: 0120-96-0061