Q: 探偵が依頼した調査内容などの秘密を
洩らすことありませんか?

A: 業者によっては、秘密を漏らす違法業者があります。
  なお、当探偵事務所では、情報の管理・抹消に最大限の注意を払っており
  依頼者様の個人情報が外部に漏れる危険性が、限りなく低いことを、
  管理システムや設備の面から宣言しております。

探偵業では、調査業務上で知り得た情報を第三者へ洩らしてはならないと、
探偵業法で秘密厳守を義務付けられています。
もしも、依頼者様の私的な情報や調査対象者の情報などが外部へ洩れてしまった場合、
探偵業法に違反したことになり、厳しく罰せられます。


そのため、探偵業者は様々な方法で、秘密厳守に取り組んでいます。
探偵業者から、個人情報など調査に関する情報が外部へ洩れるケースには、
以下のものが考えられます。

・探偵業者が故意に洩らしている
・情報管理が十分でなかった
・人的ミスやシステム上のミス

残念なことに、探偵を名乗る業者の中には、
知り得た情報を外部へ故意に洩らしているケースもあり、
ニュースなどでも調査会社が個人情報を売り買いして、
逮捕起訴される事件を耳にした方がいらっしゃると思います。



当探偵事務所では、情報が外部に洩れないよう細心の注意を払って、
情報の取り扱いと保管を行っております。

調査で知り得た情報は、調査を開始して一定期間保管をしたのち、必ず抹消致します。
また、お客様から申し出があれば、その時点で情報の抹消を行います。
保存されているデータは、高度な暗号化を行い保存しており、
情報の抹消は、焼却またはシュレッダーによって処分いたします。
このシュレッダーも一般的なシュレッダーとは異なり、
スパイラルカットという特殊な裁断を行うものを利用しております。
 ▲ スパイラルカット
人的ミスやシステム上のミスも、複数の所員が監督出来る環境作りをおこなっており、
お客様が安心してご依頼いただけるよう日々努めております。

秘密厳守について、さらに詳しい内容、ご相談などありましたら、
電話やメールによる無料相談を承っておりますので、お気軽にご相談ください。