Q: 離婚して、子供の養育費は月々いくら貰えますか?
月に4万円請求するのは多いですか?

A: 養育費の相場は月額2万~4万です。相場の範囲内でしょう。

離婚をして子供の親権を獲得出来たが、養育費の金額で協議が長引いている
そんな話をネットの中、または離婚の相談をされる依頼人からお聞きします

同様の問題で悩んでいる方は、実に多くいらっしゃるでしょう。

子供の養育費で問題となっているのがお金を出す、出さないの問題ではなく
いったい何時まで、そして毎月いくらの金額を養育費として出すのか?
ということでしょう。

養育費の金額と支払いの期間ですが、一般的に子供が成人するまでの間、
月額2万円~4万円程度が相場となっています。
360万円~720万円必要になる計算です。

近年では子供が大学へ進学するのが珍しいことでは無いので、
養育費の総額は多くなる傾向にあります。


養育費が支払われないケースとは?

しかし、この養育費は何も子供が成人するまで払う必要は無いのです。
例えば子供の親権を持った元妻が再婚した場合には、経済的な負担が減ったとみなされ、
支払い金額を減らす、または養育費が無くなるといったこともあり、
状況によって支払いの義務が無くなることがあります。

一方で、養育費を払わない人もおり、
その場合、裁判所が支払う側の預金を差し押さえるなど、
厳しい処分が言い渡されることがあります。
この処分は故意に支払いを怠った場合ですので、そうそうあることではありません。

養育費のことで協議をするなら、一般的な養育費の相場を知り、
支払いを終える時期や条件について話し合いをするといいでしょう。

養育費の相場は、支払う親の年収や働いている状況(サラリーマンか、自営業か)によって金額が変わってきます。

また、家のローンの支払いをしているなど、支払う側の経済状況によっては相場よりも低い支払額になることもあります。

年収・就業状況によるそれぞれの相場に関する質問
年収別の養育費の相場を教えてください。