Q: 旦那と離婚したいのですが、
財産分与の相場はいくらでしょうか?

A: 離婚して貰うことができる財産分与の相場は、共有財産のおよそ
  半分です。
  財産を現金換算で1000万円あったとしたら、
  500万円は受け取ることができます。

共有財産の半分といっても、婚姻年数や持っている財産の種類や規模で、
分けられる金額は違ってきます。
まずは、財産分与で分けることができる財産を知りましょう。
財産分与で分けることのできる財産には以下のものがあります。


・現金(貯金やへそくり)
・土地(不動産など)
・株券(社債など)
・家具家電
・年金

これらの財産は《夫婦共有の財産である》という条件で、
財産分与の対象となるものです。

実際に受け取ることができる財産分与の相場は、
ここから婚姻年数によって増減します。
また、共有財産とみなされない、結婚前から持っていた財産については、
財産分与対象外となります。

注意すべきは、財産分与で分ける財産について、税金が発生する点です。
課税される財産として、不動産や土地が課税されます。
しかし、現金や貯金については非課税になります。

他にも、財産分与で注意しないといけないのは、
《夫婦共有の財産を分ける》ことになるので、
夫婦共有で契約した借金も分与の対象になります。
例としては、住宅ローンも夫婦どちらか片方の名義であったとしても、
財産分与をした場合、お互いが負担することもあります。

もっと詳しい財産分与額を知りたいときは、
離婚前にどれだけの財産があり、借金などもどれだけあるのか明確にしてから、事前に計算することをおすすめします。

 

■離婚のお金に関する質問