Q:旦那が頻繁に風俗へ行っています、コレって浮気として
離婚をする理由になりますか?


A: 風俗通いを“浮気”と限定して、離婚の理由にすることは難しいですが   裁判で離婚の条件(理由)として風俗通いを利用することは可能です

男性の浮気問題で質問される依頼人の中には、
「男性のキャバクラ遊びや風俗の利用を、“浮気”として判断することが出来るのか?」 と問われる方もいます。

浮気の定義や、浮気したという線引きは個人で感じ方が違うので、
どこから何処までが浮気なのか、判断は難しいものです。


風俗の場合はどうでしょう?
一回だけの浮気で離婚が認められたという判例は、今のところありません。
ですから、風俗を一回利用したからといって離婚することは出来ないようです。 しかし、条件次第では風俗の利用でも離婚の理由になります。

例えば、風俗へ継続的に行くことで夫婦の営みが無くなったとします。
夫が頻繁に風俗へ行くことで妻へ精神的な苦痛を与え、
妻が夫へ風俗通いを止めるように言っても、夫の生活態度が改善しない。

こういった場合、そのほかの状況・条件にもよりますが、
夫側が妻との婚姻関係を破綻させた理由として、
風俗通いが“浮気”と同じく、離婚の条件として認められる場合があります。

民法では離婚を認める条件として、“婚姻関係を破綻させたかどうか”を重要視します。
そのため、妻が
これ以上精神的苦痛で婚姻関係を継続することが出来ない
と判断した場合、精神的苦痛の原因として、夫の風俗利用が挙げられ、
法的に離婚が認められることがあります。

この条件判断は、相談をする弁護士の性別で反応が違ってきますので注意してください。 まずは、夫がどれだけの頻度で風俗へ通っているのかを
調べることが重要になり、 調査の結果を見てから弁護士へ離婚の相談をするのがいいでしょう。

旦那の浮気で、お悩みの方は、
浮気癖の旦那に浮気をやめさせる良い方法はありますか? 』をご覧ください。