Q: 別居しても夫から生活費を貰えますか?
もし貰えるなら、その相場はいくらですか?

A: 生活費は貰えます。額は2万~4万が相場です
 但し、生活費には子供の養育費が含まれたりするので、
 その場の勢いで別居するのはやめましょう。
 別居する場合でも、相手とよく相談することが重要です。

「別居したら生活費はどれだけ必要か?」
「別居中の生活費を相手に出してもらうのは可能か?」

パートナーの浮気が発覚して別居をする夫婦は、勢いに任せて、別居後のことを考えないまま、計画性の無い別居をスタートさせてしまい、
上記のような質問を改めて当探偵事務所になされる方がおられます。

そこで、別居で必要となる生活費を相手側から受け取る方法と、
その相場について紹介しましょう。

一般的な夫婦が別居した場合、夫婦生活時に主に収入を得ていた者、
つまりは夫の側が、妻に別居中の生活費を渡します。
その金額は、平均して2万円から4万円です。
それ以上になると、妻側の収入が多くなり、夫側の収入が少ない、
という状態が起こり得るため、この程度の額が相場範囲となります。

ただ、生活費を受け取る側が無収入状態の時には、
4万円以上の生活費を受け取ることも出来ます。



この別居中に受け取ることが出来る生活費のことを、
法的には婚姻費用と呼び、
婚姻費用には子供の養育費も含まれている場合があるので、
金額については相手側とよく相談する必要があります。

気付かれたでしょうか? そうです。相談する必要があるのです。
勢いに任せて「私もう出て行く!!」
あるいは「実家に帰らせてもらいます!!」と言って
本当に出て行くと、相談をする時間も落ち着いて話をする余裕もありません

別居中の生活費は自分と子供にとって大切なものです。
相手に責任があった場合でも冷静に、
まずは話し合いから進めるのが最善です。

そして、別居をするのであれば、
その後の展開についても考えておく必要があり、
「別居後はどうしたいのか?」
「離婚をするのか? それとも復縁するのか?」
以上の点も考えて別居をするべきです。



別居後の生活を考えて、
どれだけの生活費が必要なのかをはっきりさせておけば、
請求するときになっても落ち着いて話し合いをすることが出来ます。

浮気やDVなど相手に原因のある別居で、後々離婚を目指す場合には、離婚時の慰謝料請求についても考えておく必要があります。
相手の非をしっかりと証明できる証拠の有無で、慰謝料の金額に差が出ます。

離婚の際、役に立つ別居中の調査依頼について詳しくは、
探偵に別居中の調査を依頼できますか?」をご覧ください。