1. トップへ
  2. 浮気関連カテゴリ
  3. 探偵に別居中の調査依頼

探偵に別居中の調査を依頼できますか?

A: 探偵では、たとえ夫婦が別居中でも調査を行うことができます。
むしろ、浮気調査では、別居中のほうが浮気の証拠を手に入れ易い場合があります。

別居しているときは浮気の証拠が取りやすい?

不倫が原因で夫婦が別居したとき、当然のことではありますが、今まで一緒に生活をしていた夫婦が別々の生活を送ることになります。

その結果として、夫婦はお互いに、自分だけの時間を多く取ることができるようになるでしょう。
このとき、夫婦のうち不倫した側が、「パートナーの目がない」と思って油断し、浮気相手と密会する回数を増やすことが多々あります。
ひどい場合では、パートナーがいない自宅へ浮気相手を連れ込んだりすることも。

浮気をされた当事者にとってすれば、やるせない気持ちや憤りを感じると思います。
しかし、逆に考えれば、別居中は油断しているパートナーから浮気の証拠を手に入れる、絶好のチャンスでもあるのです。

では、別居している間に浮気の証拠を収集しようという場合、どのようなことに注意するべきなのでしょうか?
以下の項目で解説していきます。


別居中の浮気調査で注意するべきこととは?

別居してから浮気調査をするにあたって、注意しなければいけないことは大きく分けて2つあります。

  • 証拠が法的に無効になってしまう可能性がある
  • 調査対象のスケジュールが把握しづらくなる

順番に具体的な内容を見ていきましょう。


別居中に取得した証拠は無効になる!?

現在日本の法律では、婚姻関係において同居が前提となっています。
そのため、まだ離婚をしていなくても、別居した状態だと「婚姻関係が破綻している」とみなされる可能性があるのです。

浮気を理由として離婚の請求をしたり、慰謝料を請求するためには、「浮気が原因で婚姻関係が破綻した」という証拠が必要になります。

そのため、別居と証拠取得のタイミングによっては、「すでに婚姻関係が破綻した後の浮気である」とみなされ、効力がなくなってしまう可能性が出てきます。

相手の不倫が原因で別居をしている、と主張しても、別居前から浮気していた証拠を調停委員、裁判官に提示できなければ、別居後からの不倫である、とシラを切られることも考えられるのです。

そのため、別居後の調査で浮気、不倫をしている動かぬ証拠が出たのなら、過去にも浮気相手と接触していた、という証拠もセットで確保することが望ましいと言えます。


別居したことで相手のスケジュールの把握がしづらくなる

探偵の浮気調査において、調査対象の行動スケジュールは非常に大きな意味を持ちます。
「なんとなくこんなルーチンで動いている気がする」という情報だけで、調査期間をかなり短縮することができます。

繰り返しになりますが、別居をするとパートナーと顔を合わせる機会が格段に減ります。
そのため、相手の行動パターンが一気に見えなくなってしまうのです。

スケジュールを提供することが難しくなれば、探偵の調査は比較的長引きます。
これにより、支払う費用が必然的に増えてしまうことが多々あります。

可能であるのなら、別居前からスケジュールを把握しておくことが望ましいでしょう。


別居した後でも別居前でも、早い段階での調査がおすすめ

別居したあとに調査を行う場合の注意点を解説してきました。

2つの注意点に共通するのは、「なるべく早い調査が望ましい」ということです。

別居前であれ別居後であれ、時間が経てば経つほど以前の浮気についての調査は難しくなり、行動パターンは変化していきます。
費用対効果の面から考えて、調査を行う場合はなるべく早い段階で踏み切られることをおすすめします。

上記では調停、裁判を視野に入れた浮気調査についてご説明しましたが、後に夫婦関係の回復するため、パートナーが別居中にどういった生活を送っているのか把握したい、と行動調査を望まれる方もいらっしゃいます。

そのため、調査するべきタイミングや取得する情報の精度は、夫婦により様々です。
ご自分の状況や予算に合わせて検討されると良いのではないでしょうか。