離婚の慰謝料って相場はどれくらいですか?
浮気をした旦那にいくらの慰謝料を請求できますか?

A: 条件によって額が大きく変動しますので、一概に言えませんが、
日本の場合、50万~500万円が大まかな相場と考えてください。

離婚の慰謝料は、どんな条件で増額する?

不貞行為に対しての慰謝料は、数十万円から数百万円と開きがあります。

夫が浮気をして妻に慰謝料を500万円払ったという話も聞けば、
30万円しかもらわなかったという話も聞きます。

なぜそこまで金額の幅があるのかと言うと、不貞行為ひとつとっても、夫婦の婚姻期間や浮気の程度などさまざまな条件によって適切な慰謝料の金額が異なるからです。

慰謝料は、離婚や相手の不貞行為によって被った苦痛を和らげるためだけでなく、離婚後の生活を維持するためにも大切なものですから、その相場についてあらかじめ理解しておく必要があります。

慰謝料の相場がどのような条件で変化するのかについて、この機会に知っておきましょう。


慰謝料の相場

慰謝料の相場ですが、離婚する夫婦の事情によって異なりますが、だいたい50万円~300万円が相場になると考えられます。

最初に1000万円未満と言いましたが、これは離婚の原因を作った相手の経済状況によって異なるため、経済状況から支払い不可能な金額を慰謝料として請求することはできません

例えば、年収1億円の会社経営者と、年収300万円のサラリーマンで請求される慰謝料の金額が違うのは当然のことです。

また、慰謝料の相場が50万円~300万円といいましたが、慰謝料が50万円以下になる場合もあります

慰謝料が50万円となる理由は、請求相手との収入差がなかったり、請求相手よりも収入が多かった場合などで、相場よりも少ない慰謝料となることがあります。


慰謝料請求ができる離婚理由とは?

離婚の慰謝料というとまず浮気や不倫に対する慰謝料が頭に浮かぶかもしれませんが、不貞行為以外にも慰謝料を請求できる離婚理由はあります。

慰謝料請求できる離婚理由
  • 配偶者の不貞行為
  • 配偶者からのDVやハラスメント
  • 正当な理由のないセックスレス
  • 生活費を渡さない、不当な家出など「悪意の遺棄」とされるもの
  • など

どの離婚理由の場合も、慰謝料の相場にはある程度の幅がありますが、全体を通して50万~500万円程度といわれています。

慰謝料の金額が変化するポイント

全体的な相場で見るとかなり金額に幅のある離婚の慰謝料。
慰謝料の金額が相場の中でも低めな金額になるのか、高めな金額になるのかは、いくつかの条件によって変わってきます。

婚姻期間の長さ

婚姻期間の長さによって慰謝料の金額は大きく違ってきます。

婚姻期間1年未満の人が離婚した場合の慰謝料と、婚姻期間20年の夫婦が離婚した場合の慰謝料の金額は違います。

婚姻期間が長いほど、不貞行為などの相手の過失による精神的苦痛や離婚そのものによるダメージが大きいと考えられるため、慰謝料の金額が高くなりやすいです。


相手の収入

高額な慰謝料を請求したとしても、それを支払えるだけの収入や財産が相手になければそれは無理な話です。

現実的に可能な範囲での金額設定をすることになります。

つまり、相手の収入が多ければ多いほど、請求できる慰謝料の金額も高くできるということです。


有責行為の程度

浮気や不倫などのいわゆる不貞行為やDVなど、離婚の原因となった有責行為がどの程度のものだったかによっても、慰謝料の金額は変わってきます。

例えば夫の不貞行為が原因で離婚する場合、不貞行為をしていた期間が長かったり、複数の相手と浮気していたなど、その行為の悪質性が高ければ高いほど、高額な慰謝料を請求することができます。


夫婦関係の状況

相手の不貞行為などが原因で離婚する場合でも、その不貞行為が始まる以前から既に夫婦関係が悪化していた場合などは、慰謝料の金額は低くなりがちです。

子供の有無

夫婦の間に子供がいるかどうかでも、慰謝料の金額は変わってきます。

子供のいる夫婦の離婚の場合、親権を持つ側は子供を育てていくためのお金として養育費を受け取ることができますが、それとは別に子供の精神的負担などを考慮して、慰謝料の金額が高くなることもあります。


これらの条件から浮気行為に対する慰謝料におおよその見通しができ、 相場もおのずと理解することが出来ると思います。

離婚慰謝料を計算したいという方は、下記の離婚慰謝料鑑定コーナーをご覧ください。

・無料の離婚慰謝料鑑定コーナー


離婚の際の慰謝料は必ず○○万円という決まりがあるわけではありません。基本的には夫婦間の話し合いでお互いに合意すれば、いくらに設定しても構わないのです。

しかしおおよその相場や、慰謝料の金額を左右するポイントを知っておくことで、「本来はもっともらえたはずなのに…」とか、「あんなに払う必要はなかったんだ…」など、後々悔しい思いをする可能性を減らすことができます。

離婚と慰謝料の請求をお考えの方は、ここでご紹介した内容を参考に、ご自分の状況を整理してみましょう。そのうえで、弁護士などの専門家に相談しながら、詳細で現実的な慰謝料の金額を探っていくことをおすすめします。