1. トップへ
  2. 探偵関連
  3. 探偵事務所に就職するために必要な資質とは?探偵の就職ノウハウ!

探偵事務所に就職したいのですが、
調査員になるための資質はありますか?

A: 探偵調査員には、どんな環境でも調査を成功させるために、集中力や忍耐力、冷静さなどが特に重要な資質となります。

探偵調査員に必要な資質とは?

探偵事務所や興信所の調査員になるために、特別な資格は必要ありません。
しかし、調査員として働くために必要な資質というものはあります。
探偵調査員に求められる資質には、主に次のようなものがあります。


  • 忍耐力がある
  • 集中力がある
  • 臨機応変に冷静に行動できる
  • コミュニケーション能力がある
  • 体力がある

探偵の業務内容のメインとも言える調査。
この調査が、実はとてもハードな就労環境になるケースが多いのです。

探偵が受ける調査は、浮気調査や素行調査、人探し調査などさまざまですが、そのほとんどの調査に、尾行や張り込みといった調査手段が必要になります。

尾行や張り込みは必ずしも屋内で行えるわけではありません。
むしろ、屋外や車の中などの狭い空間で行うことがほとんどです。
真夏の猛暑の中や真冬の極寒の中でも、調査対象者の行動に合わせて尾行や張り込みをしなければなりません。

しかも、張り込みの際は何時間も同じ場所にとどまらなければいけませんから、忍耐力が必要になるのです。

このような過酷な状況下でも、しっかりと調査の結果を出すためには、強い集中力も欠かせません。
探偵の調査では多くの場合、証拠を獲得するために写真や動画などの撮影を行います。


この撮影が上手くできなければ、調査成功とは言えません。
どんな状況下でも証拠を抑えるチャンスを逃さず、確実に有力な証拠を撮影するには、集中を切らしてはいけないのです。

さらに、調査の途中で予定外のことが起きても臨機応変に対処できる冷静さと頭の回転の速さも求められます。
また、聞き込みを行う際や、周辺の人に声をかけられた際などは、自然な会話で怪しまれないようにしなければなりません。
人見知りで初対面の人を前にするとテンパってしまう、というようでは務まりません。

それから、調査にかかる時間や、調査を実行する時間帯は、依頼内容によってまちまちです。

深夜から調査を開始することもあれば、早朝から出勤して調査に向かわなければならないこともあります。

事務所の勤怠管理で、できるだけ無理のない勤務になるように調整してもらえる場合もありますが、全ては入ってくる依頼次第ですから、勤務の時間帯は不規則になります。
当然、私生活のリズムも不規則になるため、体力に自信があり、なおかつ自分で体調管理をしかり行えることがとても重要です。

このように、探偵調査員の仕事は、資格が必要ないからといって、誰でも簡単にで務まる仕事ではないのです。
ここでご紹介した全ての資質をはじめから備えていなくても、探偵調査員として働きたいという強い思いがあれば、就職後、実践をこなしていく中でその資質が育っていく可能性も十分あります。
しかし、どうしても探偵調査員になりたいならば、自分に欠けている資質について、今から少しでも早く補う努力をする必要があるでしょう。