浮気の証拠を自分で見つける方法はありますか?

A: パートナーの日々の行動パターンをまず注視してください。
携帯電話・車・生活習慣の変化に、浮気の証拠は潜んでいます。

「夫(彼氏)が浮気をしているかもしれない」

そんな漠然とした不安を抱く女性は、当探偵事務所にも依頼人として多くいらっしゃっています。

特に具体的な証拠や痕跡があるわけではないけれど、どうにも怪しいから調べてほしい…。
そんなご依頼にももちろん応えることはできますが、探偵に依頼する前に自分でもある程度の証拠や痕跡を探しておくと、探偵による調査が効率よく進み調査料金を抑える事ができるなど、依頼者ご自身にとってもメリットが増えます。

ですから、パートナーの浮気を疑ったらまず、自分でできる範囲の簡単な証拠探しをしてみるのも一つの手です。

個人で行う浮気調査では、大げさなことをする必要はありません。
むしろ大げさなことをしてしまうと相手が警戒し、尻尾を掴みにくくなってしまいます。



できる限り簡単で安全に、そしてバレないように浮気調査をするために、注目すべきポイントは3つあります。

1.携帯電話
2.車
3.生活習慣

以上の3つです。

それでは、各ポイントについて詳しく見ていきましょう。


1.携帯電話は浮気の証拠の保管場所

携帯電話で見つかる浮気の証拠とは?

携帯電話は、浮気相手と連絡を取り合うため、浮気に必須のツールです。

メールやチャット、直接電話をしたりして、浮気相手と連絡のやり取りをしているはずです。

もしパートナーの携帯電話を覗ける機会があれば、次のことに注目してみましょう。

  • 携帯電話のメールフォルダに、浮気を臭わせるメールが残っていないか
  • 着信履歴や電話帳に、聞いたことがない女性の名前が表示されていないか
  • 携帯電話のフォトライブラリーに女性とパートナーの2ショット写真がないか
  • スケジュールアプリやメモアプリに、浮気相手と会う予定が書き込まれていないか
など

運が良ければ、浮気相手と今度接触する日時がわかるかもしれません。

これら浮気の証拠を携帯電話から見つけることができる一方で、携帯電話の覗き見にはリスクがあります。

  • プライバシーの侵害として訴えられるリスク
  • 携帯電話のロックを勝手に解除して盗み見ると不正アクセス禁止法に抵触するリスク

夫婦の携帯電話でも、その中身を勝手に見たり、携帯電話を勝手に操作を行うと、違法行為として訴えられるリスクがあります。

また、最近のスマートフォンでは、携帯電話のロック解除方法に顔認証や指紋認証などが採用されており、ロックの解除が容易に出来ない仕組みになっています。
無理をして携帯電話の覗き見をしようとすると、浮気調査をしていることがすぐにパートナーにバレてしまうでしょう。

そこで、携帯電話の覗き見が出来ないのなら、携帯電話を使っているパートナーの行動から浮気をしていないか確認しましょう。

  • 電話やメールをするときコソコソする
  • 携帯の表示画面を下にしてテーブルに置いている
  • 人によって着信音を振り分けている
  • 携帯電話のデータ使用量が増えた
  • メインの携帯電話とサブの携帯電話を2台以上持っている
  • トイレやお風呂にまで携帯電話を持って行く
  • 携帯電話を「貸して」と言っても絶対貸してくれない
など

パートナーがこのような行動をとっていたら、浮気を隠している可能性があります。

2.車の車内やカーナビから浮気の証拠が見つかる

パートナー個人の所有する、またはパートナーがよく使う車の車内から浮気の証拠が見つかる場合があります。

車は、浮気相手と会うための移動手段として、浮気相手と二人きりになれる空間として、よく浮気に使われます。

パートナーの使っている車の助手席をよく観察すると、浮気相手の痕跡が見つかるかもしれません。

  • 助手席の背もたれに長い髪の毛が付着している。
  • 助手席のダッシュボードから避妊具が見つかった。
  • 車に備えているゴミ箱にグロスの付いたストローが捨てられていた。
  • 助手席の下に異性のアクセサリーが落ちていた。
など

これらは、実際に車の中から見つかった浮気を思わせる証拠の数々です。

車の持ち主が潔癖症や几帳面な人なら、こうした浮気の証拠が車に残っていないかもしれませんが、車に物を置いておくことがある人、あまり掃除をしない人なら、車内から浮気の証拠が見つかる可能性は高いです。

また、車のカーナビは行先を自動で記録したり、目的地検索を行った際の履歴データが記録されます。

これらのデータの中に、浮気相手の家の住所、浮気相手と一緒に行った場所の記録が残っているかもしれません。

3.生活習慣の変化から浮気を確かめる

社会人になると、ある程度生活習慣が決まっています。

例えば、特定の趣味を持つ人が、その趣味のために休日は必ず外へ出かけたり、仕事から家に帰ってくる時間が決まっていたりします。

この生活習慣に大きな違いが現れた場合、浮気の可能性が高まります。

固定化された生活習慣が変わるということは、なにか環境の変化があったということであり、それは新しく交流を持った誰かに合わせてのことかもしれません。

自分の生活習慣を変えてまで合わせたい相手となると、それは新しい恋愛の相手、つまり浮気相手である可能性が高いのです。

パートナーに最近次のような変化がないか注目してみましょう。

  • 仕事仲間と飲み会へ出かける機会が増えた
  • スポーツジムへ通うようになった
  • 休日に今までとは違うよそ行きの服装で出かけることがある
  • 仕事の出張や残業が増えた
  • 普段は電車通勤なのに車で通勤する日がある
など

最初にも言いましたが、これまでの生活習慣が変わるというのは、何らかの影響によるものです。

生活習慣に頻繁に変化が見られたら、本人ではない、外部の人間が関係している可能性を考えましょう。

決定的な浮気の証拠にならない物

浮気の証拠のなかには、状況証拠で決定的な浮気の証拠にならない物もあります。

ですが、そのことを知らずに、浮気の証拠としての有効性を主張してしまう人がいます。

状況証拠だけをいくら集めても、調停や裁判などで決定的な浮気の証拠として認めてもらえません。

調停や裁判では通用しない状況証拠とは以下のような物を指します。

  • 浮気相手からと思われる宛名不明の手紙
  • 車のシートに付着していた浮気相手の物と思われる髪の毛
  • パートナーと浮気相手が仲良くふたりで写っている写メ(またはプリクラなど)
  • 携帯電話の電話帳に記録された浮気相手の電話番号や着信履歴
  • 浮気相手と親しげにやり取りしているメール
など

こうした証拠はあくまでも状況証拠となり、これらだけで浮気の事実を証明することはできません。

もちろん、離婚や慰謝料請求は考えておらず、パートナーに浮気を認めさせ反省させることが目的の場合は、これらの状況証拠だけでも相手が浮気を白状すれば目的は叶います。

しかし、言い逃れしようと思えばいくらでもできてしまうでしょう。

では、パートナーや浮気相手に反論の余地を与えず、かつ裁判などでも通用する浮気の証拠とはどのようなものなのかというと、

  • ラブホテルに出入りしている場面の写真や動画
  • 二人が浮気相手の家に出入りしている写真や動画
  • 性交渉の様子を自撮りした写真や動画
など

このように、パートナーと浮気相手が性交渉をしたことがわかるものや、性交渉が可能な密室にふたりで入ったことがわかるものです。

こうした浮気の証拠を自分で集めることは絶対に不可能というわけではありませんが、難易度が非常に高くバレる危険もありますので、証拠収集に慣れた探偵業者に浮気調査を依頼し、協力して進めるのが賢明です。


もしも、パートナーに浮気の疑いがあり、ここでご紹介したような状況証拠が見つかった場合は、当探偵事務所へご相談ください。

依頼人様が望む結果を得るため、私達探偵が力をお貸しします。