妻が浮気をした事が離婚の原因です。
慰謝料はいくら取れますか?
別居中の浮気も慰謝料を請求できる?

A: 慰謝料取れる場合もありますが、取れない場合もあります。
  裁判に提出する証拠次第です。
  慰謝料の額も裁判の状況によって変動しますので、
  もし浮気の匂いがしたら、早めに探偵に依頼して、
  裁判で使える証拠を確実に集めていくことをお勧めします。


当探偵事務所への依頼で、 「妻が浮気をしているようなので調査して欲しい」と、 もちろん調査をおこなうことは可能ですが、調査前の面談で夫婦は既に別居中、離婚調停中でもあることがわかりました

それでも夫は、慰謝料を妻と浮気相手の男性に請求することが出来るのか、
と聞かれることがあります。

浮気行為に対して慰謝料の請求には条件があります。

浮気が原因で夫婦関係が破綻した
場合には、慰謝料の請求をおこなうことは出来ます。

しかし、現在別居しており、すでに夫婦関係が破綻していた場合には、
慰謝料の請求が出来ません。

また、浮気相手が妻と肉体関係を持つことで、
浮気であると認識しているのか?
それとも“浮気と認識していないのか?”という、認識の違いでも、
慰謝料の請求が出来る場合と出来ない場合があります。

浮気相手である男性が、妻と夫の夫婦関係が破綻していない、
今も円満夫婦であると認識していた場合には、
自分は浮気しているという認識ですから、
浮気相手と浮気した妻への慰謝料の請求が出来ます。

しかし、妻から「夫とは別居中で、離婚協議も進んでいる」と聞かされていた場合には、浮気相手は夫婦関係が終わっていると思い、浮気している自覚がありません。

この場合、浮気相手から慰謝料の請求をすることが出来ません。

ここで問題になってくるのは、
《浮気相手が現在の夫婦関係を知っているのか?》 そして、
《浮気が始まったのはいつからなのか?》 ということです。

夫婦がまだ別居をする前に浮気が始まっていれば、
慰謝料の請求をおこなうことが出来ますが、
この場合、詳しい開始時期を調べるのは大変難しいです。

結果、別居中ということもあり夫が泣き寝入りしてしまうこともあり得ます
《別居をする前に浮気をしているのか、浮気していないのか》
浮気の開始時期を調査しておくことで、慰謝料の請求に有効な証拠を集めることが出来ます。

慰謝料請求に有効な証拠に関してのご相談は無料です。
お気軽にご相談ください。