1. トップへ
  2. 浮気関連カテゴリ
  3. 浮気相談はどこにする?離婚裁判で勝つための浮気の証拠

浮気を理由に離婚したい場合、どこに相談すれば良いですか?また、離婚裁判で勝つための証拠はどんなモノですか?

A: 決定的な浮気の証拠がすでに手元にあるのなら、弁護士へ、 浮気の証拠集めからしたいのであれば、探偵へご相談ください。 それでは、決定的な浮気の証拠は、どのようなものかを解説したいと思います。

離婚裁判で勝つための浮気の証拠とは?

浮気相談の質問の中には、離婚裁判で利用出来る証拠の問い合わせが多く寄せられます。

実は裁判で利用される浮気の証拠には、
証拠価値と呼ばれる判断基準があるのです。
証拠価値では、

《浮気が事実であったことを間違いなく証明することが出来る証拠》と、
《浮気が事実であるか判断が難しい証拠》があり、
本当に浮気をしているのかどうか、誰もが見てわかる客観的な事実から、
証拠価値の高い低いという判別をおこないます。
以下は証拠価値の高低を示す具体例です。

証拠価値が低い証拠

  • ケータイに残った浮気相手とのメール
  • 浮気相手とパートナーが写ったツーショット写真
  • ホテルの領収書

など

これらの証拠は、一見浮気の証拠になりそうなものですが、その内容次第で証拠価値が分かれます。

パートナーと浮気相手とのメールでは、どんなやり取りがされているかが重要です。
「好き」だとか「会いたい」というような内容だけでは、互いの好意は読み取れても、不貞の事実(つまりは肉体関係の有無)までは確認できません。

パートナーと浮気相手が写ったツーショット写真も、そんなに仲良く密着して写っていたとしても、それだけでは浮気の証拠としては価値が低いです。
ホテルの領収書は、ラブホテルの領収書であれば浮気の証拠として説得力がありますが、こちらも、これ単体で不貞行為を完全に証明するには足りません。

あくまで有力な補助的証拠となるでしょう。

証拠価値が高い証拠

  • パートナーが浮気相手と一緒にラブホテルへ出入りする瞬間を撮影した写真
  • パートナーと浮気相手の肉体関係を確認できる写真や音声データ
  • 浮気の事実を認める内容の念書や誓約書

など

当事者ふたりがラブホテルへ出入りする写真や映像は、出入りの時間がわかるものである必要があります。
ただラブホテルに出入りしたのではなく、数時間滞在したことを証明しなくてはならないからです。

ふたりの肉体関係が確認できる写真や音声データは、特に有力な証拠となります。

また、パートナーや浮気相手の署名・捺印がある浮気の年初や誓約書も、当人が浮気の事実を認めた決定的な証拠となりますので、後から「浮気なんてしていない」と言われても、しっかり対抗することができます。

ただし、念書や誓約書を書かせる過程に問題が合った場合は、その念書や誓約書は無効となる可能性があるため、強引に署名・捺印させることはやめておきましょう。

上記以外のもので、単体では証拠価値の低いモノでも、複数の証拠と合わせることで総合的に証拠価値を高めることができる場合もありますので、浮気の証拠として裁判で利用出来るかは、事前に弁護士へ確認する必要があります。

証拠価値が高い証拠を入手する方法

離婚裁判で確実に利用出来る、“証拠価値の高い浮気現場の写真”を用意するなら、探偵に依頼するのがベストでしょう。
ただし、探偵と言っても調査力にはかなりの違いがあるので、調査力が高い探偵を選ぶ必要があります。

調査力が低い探偵に依頼すると、証拠となり得る写真や動画を撮影したものの、手ブレやピンぼけなどにより、対象者の顔やラブホテルの名前など、肝心な部分がはっきりと写っていないものになってしまう可能性が高いのです。 そのような写真や動画では、裁判で浮気の証拠として認められません。

探偵の調査力の高さを確認する目安のひとつとして、探偵が調査に使用する機材の性能というポイントがあります。
さまざまな調査環境に応じて適切な性能の機材を使用できる探偵なら、裁判でもしっかりと通用する証拠写真を撮ることができます。



当探偵事務所では高性能カメラを取り揃えており、浮気相手との密会時間で多い夜でも、鮮明な映像を撮影することが出来ます。
また撮影ポイントが遠く離れていた場合でも、
最高で光学1400倍の望遠カメラによって撮影が可能です。

⇒Akai探偵事務所の撮影機材についての詳細はこちら

当社ではお客様が離婚の裁判でも使用することが出来る
証拠取得に全力で取り組んでおります。
他にも探偵の浮気調査、離婚に関する問題まで、不安な点があれば
気軽にお問い合わせください。