1. トップへ
  2. 浮気関連カテゴリ
  3. 不倫相手に慰謝料を請求する方法

不倫相手に慰謝料を請求する方法はありますか?

A: 配偶者の不倫相手に慰謝料を請求することはもちろん可能です。ただし、条件によっては慰謝料請求が通らない場合や、慰謝料請求の方法を間違えると逆に自分が不利になる可能性もあるので、注意が必要です。

不倫相手に慰謝料を請求するには?

配偶者やパートナーに不倫された場合、不倫をした配偶者と不倫相手に慰謝料を請求することができます。

これは、不倫という行為が民法上の「不法行為」に該当するからです。
不法行為により損害を被った人は、その不法行為を働いた相手に対して、損害賠償の一種として慰謝料を請求できるのです。

不倫は法律用語でいうと「不貞行為」と表現されます。
不貞行為とは、配偶者がいるにも関わらず他の異性と肉体関係を持つ行為のことなので、結婚していない恋人関係における浮気に関しては、基本的に慰謝料請求はできません。

ただし、婚約関係や内縁関係の場合は、正式に結婚していなくても、不倫に関する慰謝料を請求することができます。

「不貞行為」の定義だけを見ると、不法行為に該当するのは不倫した配偶者だけのように思えますが、不貞行為の相手、つまり不倫相手にも、共同不法行為者としての責任を問うことができるのです。

不倫相手に慰謝料を請求できない場合がある!?

共同不法行為の責任があるため不倫相手にも慰謝料請求ができる、とご説明しました。 これは言い換えれば、不倫相手に共同不法行為の責任が成立しない場合は、不倫相手には慰謝料請求ができない、ということです。

民法第709条では、不法行為とその賠償責任について、次のように定めています。

“故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。”

つまり、故意又は過失による他者への権利・利益侵害でない場合は、それは不法行為とはみなされないのです。
不法行為を行っていない相手に慰謝料の請求をしても、それは不当な請求とみなされ、法的には認められません。

では、不倫相手に共同不法行為の責任がなく、慰謝料請求ができない場合とは、具体的にどのような場合なのでしょうか?

  • 配偶者が不倫相手に対し、自分が既婚者である事実を隠していた
  • 不倫相手にとって、交際相手が既婚者である可能性に気づく余地が全くなかった
  • 不倫が行われるよりも以前に、すでに夫婦関係が破綻していた

1つ目と2つ目の場合では、不倫相手には「故意又は過失」がなかったということになり、不法行為としての責任が問えません。

むしろ、既婚者である事実を隠しながら肉体関係を持った配偶者の方が、不倫相手から訴えられたり慰謝料請求される可能性があります。

3つ目の場合では、不倫相手に故意又は過失があったとしても、夫婦に対する「権利又は法律上保護される利益を侵害した」とはみなされない、ということです。

その不倫が始まるよりも以前に既に夫婦関係が破綻していた、ということは、平和で良好な夫婦関係という利益は既に消滅していた、ということです。

夫婦関係の破綻と不倫に因果関係が無いのであれば、その不倫に関する慰謝料請求は認められません。

さらに、上記に該当しない場合でも、不倫相手や配偶者に対して慰謝料の請求ができないケースがあります。

それは、不倫の時効が成立してしまっている場合です。
ご存知ない方もいらっしゃるかもしれませんが、不倫には時効があり、慰謝料請求できる期間に制限があるのです。
不倫の事実・不倫相手の存在(身元)を知ったときから3年間損害賠償の請求権を行使しないと、時効で権利が消滅してしまいます。