1. トップへ
  2. 浮気関連カテゴリ
  3. 不倫相手に慰謝料を請求する方法

不倫相手に慰謝料を請求する方法はありますか?

A: 不倫した配偶者とともに、不倫相手も訴えましょう。弁護士の先生に、まずは相談してください。そして証拠集めが必要な場合は、探偵事務所を利用しましょう

不倫や浮気などの不貞行為をおこなった配偶者やパートナーに、 被害を受けた方は、慰謝料を請求することができます。

不倫と浮気の違いは、結婚している相手がいながら、その相手以外と関係を持つ点です。

浮気は、両者の関係が恋人止まりですが、生涯共にいると誓った相手がいる夫や妻が行う不貞行為ですから 法律上では当然のように、浮気より不倫の方がよろしくないと扱われます。

不倫を配偶者か不倫相手のどちらが誘っていたのかによって、請求する慰謝料の割合が増減します。
不倫相手が誘っていた場合では、当然慰謝料の請求額の割合が多くなります

また、夫婦関係が破たんした後に配偶者と異性が不倫した場合には、 不貞行為が夫婦関係の破たんの原因として認められない可能性があるため、 不倫相手に慰謝料を請求できない場合があります。

つまり、不倫相手へ慰謝料を請求する場合には配偶者への不貞行為を不倫相手が迫っていたのか、そして、不倫はいつから行っていたのかを、ハッキリさせておく必要があります。

これらの注意点のほかに、 配偶者が「離婚する予定だ」と不倫相手に伝えて不貞行為を行っていた場合には、 不倫相手も被害者の立場になることがあり、 不倫相手から配偶者へ慰謝料の請求する場合もあります。

不倫相手に慰謝料が請求できる条件

不倫相手に対する慰謝料の請求ですが、どんな場合でも慰謝料を請求できるわけではありません。
不倫相手に慰謝料を請求するには、以下の①、②、③、④の条件をそれぞれ満たす必要があります。

  1. パートナーが既婚者であることを知っている
    ・パートナーが既婚者であることを不倫相手が知っていた
    ・夫婦関係が破綻していないと知っていながら不倫関係を続けた
  2. 不倫によって夫婦関係が破綻した
    ・不倫の開始以前からすでに夫婦関係が破綻していた場合は慰謝料請求できない
  3. 不倫によってあなたが肉体的・精神的な苦痛を受けた
  4. 不貞行為の事実と不倫相手の存在を知ってから3年以内である
    ・不貞行為の事実と不倫相手の存在を知ってから3年以上経過すると、不倫の時効成立となってしまい慰謝料請求できない
また、以下の条件を満たすと、不倫相手へ請求できる慰謝料額が増額する可能性があります。
  • 不倫相手がパートナーとの不倫を主導していた

これら全ての条件を満たす必要はなく、この条件のどれかに当てはまっていた場合、不倫相手に慰謝料を請求することができます。

不倫は浮気よりも違法性が高い分、シビアな証拠が必要とされます。
それに対応できる弁護士と探偵事務所をまずは見つけてください。