1. トップへ
  2. 離婚関連
  3. 相手の浮気が原因で離婚したい場合、準備として一番重要な事はなんですか?

相手の浮気が原因で離婚したい場合、準備として一番重要な事はなんですか?

A: パートナーの浮気による離婚の場合、一番重要になるのは、《確実な浮気の証拠を集める》ことです。
それはつまり、調査力のある探偵事務所を見つけるということです。

パートナーに浮気されてしまったら、夫婦としてこの先一緒に生活していくことはもうできないと思い、離婚を決意する方も多いでしょう。

そんな場合、少しでもスムーズに離婚したいのならば、確実な浮気の証拠を集めることが最も重要です。 パートナーが言い逃れできないほどの決定的な証拠がそろっていないと、慰謝料の請求ができなかったり、離婚すること自体が難しくなる場合もあるからです。

離婚する方法は、夫婦間の話し合いによる「協議離婚」と、裁判所を介して話し合いや決着をつける「調停離婚」や「裁判離婚」があります。
このいずれの方法で離婚を進める場合も、浮気の証拠は重要になってきます。

夫婦間で話し合って離婚をする「協議離婚」では、お互いが合意すれば自由に離婚することができます。

ただし、相手が浮気の事実を認めず、離婚したくないと言ってきた場合、こちらの主張を押し通して無理やり離婚することはできません。

また、離婚は受け入れられたとしても、慰謝料は払わないと言われるかもしれません。

しかし浮気の確実な証拠があれば、浮気なんかしていない、というような言い逃れはできなくなりますから、こちらの要求を聞き入れてもらいやすくなります。

それでも、頑なに離婚や慰謝料の支払いを拒否されることもあるでしょう。
そんな場合は、調停や裁判など、裁判所を介して離婚成立を目指すことになります。

調停や裁判では、夫婦双方の言い分が公正に判断されますので、第三者が客観的に見ても確実にパートナーに非があると判断できるような、確実な浮気の証拠が必要なのです。

とくに裁判においては、離婚や慰謝料を請求する側の立場の者が、相手の有責(つまり相手の浮気が原因で夫婦生活を続けることができないということ)を自ら証明する義務があります。
言葉でひたすら「離婚したい」と主張するだけではだめだということです。

自分に落ち度がなく、相手の浮気が夫婦関係を悪化させたと証明できれば、相手が拒否していてもこちらの主張が認められ、離婚や慰謝料請求が可能になります。 また、慰謝料の金額についても、適正な額で請求することができるでしょう。

パートナーに浮気され離婚を決意したのなら、最終的には裁判で争うことになる可能性も念頭において、裁判所に提出できるレベルの《確実にパートナーが浮気をしていたと証明出来る証拠》を、用意しておくべきなのです。

《確実な浮気の証拠》を用意するには

離婚を成立させるために、パートナーの浮気を証明できる確実な証拠の存在がどれだけ重要か、おわかりいただけたかと思います。

では、その《確実な浮気の証拠》はどうやって用意したらいいかと言うと、ずばり、調査力の高い探偵に調査を依頼するのが最も成功率の高い方法です。

裁判でも通用する浮気の証拠というのは、パートナーと浮気相手との間に肉体関係があった事を証明できるものです。「自分以外の異性とキスしているのを見た」とか、「浮気相手との親密なメールが残っている」というようなものでは不十分です。

裁判でも通用する確実な浮気の証拠を集めるには、ご自身での調査ではどうしてもさまざまな無理が生じます。ですから、調査のプロである探偵に依頼する方が、安全で確実です。

ただし、探偵の中にも調査力の低い探偵と調査力の高い探偵がおり、調査力の低い探偵に任せてしまうと、高額な調査料金をかけたのに肝心な浮気の証拠はお粗末なレベルで、裁判では通用しなかった、というような大損をしかねません。

さらに、最悪のケースだと、パートナーに調査が気付かれてしまって、再チャレンジしても二度と浮気の証拠が手に入らない可能性もあります。

こうなってしまうと、離婚の原因が相手にあったとしても、慰謝料の請求など、他の離婚手続きにも影響が出てしまいます。

そのため、浮気による離婚の場合、一番重要なのは、確実に浮気の証拠を集められる、調査力の高い探偵事務所を選ぶこと、と言えるのです。

パートナーの浮気を理由に、真剣に離婚を考えている方は、有利な条件で確実に離婚ができるように、ぜひ探偵への依頼を視野に入れて見てください。