探偵の報告書って、
裁判で浮気の証拠として認められるの?

A: どこの探偵に依頼しても、裁判で浮気の証拠として認められる報告書が出てくるとは限りません。なぜなら、『探偵が違えば、調査力も大きく違う』ものだからです。

どこの探偵に依頼しても、裁判で浮気の証拠として認められる報告書が出てくるとは限りません。なぜなら、『探偵が違えば、調査力も大きく違う』ものだからです。

浮気の証拠があれば、離婚裁判を優位に進めることができます。

ですから探偵事務所では、『裁判で使える浮気の証拠』を基準に証拠集めを行います。

ここで言う、裁判で認められる浮気の証拠とは、
「調査対象者と浮気相手が肉体関係を持っていると証明できる証拠」です。
例えば、調査対象者と浮気相手が、ラブホテルから一緒に出入りする姿を写した写真や映像がこれに該当します。

添付される写真や映像のクオリティや、言い逃れのできない写真や映像の取得は、探偵の調査力や機材によって大きく変わってきます。光源のない場所や夜間の車での密会など、決定的な証拠取得のチャンスを逃さないことも、探偵の調査力の違いのひとつです。

この報告書は、浮気調査を依頼をされた方と探偵にとって大変重要な物です
探偵報告書の出来次第で、浮気調査を依頼された方が調査対象者と浮気相手から慰謝料を請求や離婚できるかが掛かっています。

そのため、探偵事務所を選ぶ際には、報告書のサンプルを見ておくことをおすすめします。

どのような状況での証拠取得が可能なのか?や裁判の証拠として採用される形式にのっとった報告書の作成を行っているのか?はもちろん、探偵報告書のサンプルでは、下記の内容をご確認下さい。

探偵報告書のチェックポイント

  •  浮気の証拠となる写真が鮮明であるか。
  •  調査の内容を時系列で整理され、読みやすいか。
  •  調査現場の最新地図情報が添付されているか。
  •  主観ではなく、客観性のある報告書か。
  • 以上のチェックポイントを探偵報告書で確認して下さい。

    また、報告書だけではなく、報告書に付属する資料も重要です。
    探偵報告書には、浮気の証拠写真を添付するのが一般的ですが、
    証拠写真だけでなく、ビデオ映像もあればより報告書としての質は高くなります。当社が浮気調査をし、
    作成した報告書はこれまで離婚裁判において否認されたことがありません。

    裁判で浮気の証拠として認められる報告書をお求めの方は、Akai探偵事務所にご相談ください。