1. トップへ
  2. 離婚関連
  3. 失踪した旦那と何年で離婚できますか?離婚の方法を教えてください。

失踪した旦那と何年で離婚できますか?離婚の方法を教えてください。

A:法律では失踪した配偶者と離婚できる要因が2つ定められています。どのような要因の時に、離婚できるか詳しく解説したいと思います。

失踪した配偶者と何年で離婚ができるのか?

長年失踪状態が続けば長年も夫の待ち続けるのは残された妻にとっては大変で、離婚して最スタートを切ったほうが良い場合があります。

そのようなときは、失踪した状況や期間から裁判所が離婚を判断をして離婚を認めるか裁判所が決定をくだします。

失踪した旦那と離婚ができる2つのケース


1.生死がわからない状態が3年間以上続いた場合



旦那が失踪してから音信不通でどこに住んでいるかわからない、生きているか死んでいるかさえわからない状態が3年以上続いた場合は妻は離婚をすることができます。

ただしこれは失踪してから3年ではなく生死がわからなくなってから3年以上経過した場合となるのでただの別居や居場所がわかっている状態のときはこの期間には含まれません。

また失踪した旦那を探すためにあらゆる手を尽くしたが見つからない、という状況も加味されるので警察には「行方不明者届」を出してください。

これは失踪した日の証明にもなるので必ず提出しておいたほうがよいでしょう。

2.生死がわからない状態が7年間以上続いた場合



失踪してから7年以上たった場合、妻は家庭裁判書に申し立てをおこなえば失踪宣言を出してもらえます。

この失踪宣言が認められれば法律上は旦那が死亡したときと同じ扱いになるので、保険金や遺産の相続なども行われます。

生死がわからない状態が3年間以上続いた場合は離婚が認められるだけで死亡扱いにはなりません。

保険金等が入ればその後の生活も楽になるので離婚を選ぶか失踪宣言を選択するかよく考えて決断してください。

通常認められるのに7年以上の期間が必要な失踪宣言ですが例外として地震や津波などの天災で行方不明になった場合は1年経過した時点で失踪宣言が認められます。

天災は被害がひどい場合は家も崩壊しているので残された遺族に対してのせめてもの配慮でしょう。

他に離婚できる要因としては「悪意の遺棄」や「婚姻を継続し難い重大な事由」がある場合となります。

悪意の遺棄とは、妻になんの落ち度もないのに旦那がとつぜん家を出ていき、養育費や生活費などの仕送りも一切ない。
婚姻を継続し難い重大な事由は不倫相手の家から全く帰ってこない、
妻との会話や接触を拒むなどの行為が該当します。

失踪とは少し違うかもしれませんが、このように夫婦生活を継続しがたい理由がある場合にも離婚は認められます。