1. トップへ
  2. 離婚関連カテゴリ
  3. 離婚するためには、どのような方法がありますか?

離婚に必要な条件は何がありますか?

A: 離婚の条件は、民法によって定められています。
また、夫婦関係が破綻していて、修復が不可能な状態だと、離婚が認められる場合もあります。

「離婚したい」と思っても、夫婦のどちらか一方の判断だけで、勝手に離婚することはできません。

夫婦お互いが離婚に合意し、役所の戸籍を扱う窓口に離婚届を提出することで、離婚が成立します。

この離婚する当事者同士が話し合いで離婚の合意に至ることを、協議離婚といいます。

一方で、夫婦のどちらかが離婚を拒み、協議離婚が失敗した場合、調停や審判、裁判によって離婚請求を行います。

調停や審判、裁判では、離婚の求めが正当なものかどうか、民法で定められた離婚の条件と照らし合わせながら判断されます。

その結果、離婚を求める理由が正当なもので、第三者から見てもこれ以上健全な夫婦関係を続けていくことは困難であると判断されれば、相手が離婚を拒んでいたとしても、請求が認められ離婚することが出来ます。

法的に認められる離婚の条件とは?

民法で定められた離婚の条件には、次の5つが挙げられます。

  • 夫婦どちらかの不貞行為
  • 生活費を家に入れないなどの悪意の遺棄
  • 消息がわからなくなって3年以上経過し生死不明の場合
  • 夫婦どちらかが回復の難しい重度の精神病を患った場合
  • 夫婦生活を継続しがたいその他の重大な理由があった場合

この5つの条件のいずれかに該当する事情がある場合、相手が離婚を拒否していたとしても離婚することができます。

ただし、この条件に当てはまる場合でも、裁判所が夫婦の関係性などを鑑みて離婚請求を認めない場合もあることは、頭の隅に置いておきましょう。

有責配偶者からでも離婚請求はできるのか?

前項で、法的に離婚が認められる条件のひとつに「夫婦どちらかの不貞行為」というものを挙げました。

この条件で離婚をする夫婦のほとんどが、夫又は妻に不貞行為(不倫)をされた側が離婚を求める、というケースです。

しかし中には、不貞行為(不倫)をした側が、不倫相手と一緒になりたいなどの事情から、配偶者に離婚を求めるというケースもあるでしょう。

このように、夫婦関係を悪化させる原因を作った側である有責配偶者からの離婚請求は認められるのでしょうか?

基本的には、離婚請求された相手側が承認しない限り、法的には有責配偶者から離婚請求は認められないことがほとんどです。

しかし、例外もあります。

不貞行為などをはたらく以前に、夫婦関係が破綻していて、別居をしていた場合では、 有責配偶者からでも、離婚請求が認められる場合もあります。

この離婚が認められる条件として、下記のものが挙げられます。

  • 別居期間の長さ(長ければ長いほど離婚しやすい)
  • 既に子供が独立していて、養育が必要な子供がいない
  • 離婚によって、配偶者の離婚後の生活が過酷な状況にならない

先程も述べたように、基本的に、有責配偶者から離婚請求しても、 その請求は通らないのが一般的です。

夫婦関係が破綻していた場合、上記の条件などを加味し、夫婦関係の継続が難しいと判断されれば離婚が成立することもありますが、いずれにしても有責配偶者からの離婚請求に関してはかなり厳しい基準で判断されることになります。