1. トップへ
  2. 探偵関連
  3. 1時間の料金単価が安い探偵事務所

1時間の料金単価が安い探偵事務所を見かけるのですが
別で追加料金は取られませんか?

A:1時間の料金として表示されているのは、多くの場合『調査員1名で1時間調査する場合の料金単価』です。

通常探偵の調査では、1名で調査に当たることはありません。最低でも2名からで、調査の内容や状況によって人数は変動します。
無駄に調査員の数を増やして調査する探偵社もあるので注意が必要です。

さらに、基本的な調査の料金のほかに、

  • 調査に車が使われる場合、「車両代」や「高速代」
    「ガソリン代」など
  • 電車やバスを使っての移動や出張によって調査を行う場合「交通費」
    「出張費」
  • 調査が深夜に行われる場合、「深夜料金」
  • 契約していた調査時間数を超えて調査を行う場合、「割り増し料金」

  • 等が必要になる場合もあります。

    依頼を考えられる方の多くは、探偵の調査費用は、
    1時間あたりの料金 × 調査員数 × 調査時間」だけで求められると思われがちですが、実はそれほど簡単な料金設定をしているところは多くはありません。
    「基本料金」が設定されていたり「諸経費」が別、
    また「成功報酬」料金が加算されるなどの違いがあるようです。

    1時間の料金単価が安い探偵事務所の場合、
    「何かほかの加算料金設定がされているかもしれない。」と考えるのが自然です。

    もしも探偵料金を少しでも抑えて調査をしたいと考えているのなら、
    時間単価の比較だけを行うのではなく、調査依頼の内容を絞り込み、
    必要な情報はできるだけ依頼者で用意した上で依頼を行えば、調査時間を減らすことができて結果的に料金を安く抑えることにつながります。

    例えば浮気調査の場合、調査対象者つまり、
    調査を行う夫や妻の具体的な情報をわかる範囲だけでも探偵へ
    情報を提供しておくことで、無駄な調査を行うことが省くことができ、
    結果的に調査時間を減らすことなり、料金を安くすることにつながります。

    名前や年齢、住所、電話番号はもちろん、使用しているケータイが、

    スマホかガラケーかなど、一見役に立たなさそうな情報も伝えることが大切です。また依頼の際、忘れてならないのが顔写真。
    さらに身長や体重、普段の服装や、移動に使う車種とナンバー、口癖や行動パターンなど、依頼先に伝えておくことでスムーズに調査を行うことができるため、失敗のリスクも抑えることにつながります。

    探偵の料金はそれぞれの探偵事務所で設定が違うので、
    時間単価の安さだけにこだわらず、別料金やどういった機材を使っているのかをしっかり確認することが必要です。