1. トップへ
  2. 離婚関連
  3. 離婚したら借金はどうなる?

離婚したら夫(妻)の借金はどうなりますか?

A: 夫婦共有の借金か、個人の借金かによって借金の扱われ方は違います。

離婚したら、借金はどうなる?

離婚したら夫婦の借金はどうなるのか、借金も財産分与されて夫婦で折半することになるのか気がかりだと思います。

夫婦が離婚するとなったとき、基本的に残っている借金は夫婦でいる間に返済します。

返済する方法はいくつかありますが、よく取られる方法に、夫婦共有の財産を売却して、その売却益を借金返済にあてる、という方法が取られます。

【売却できる夫婦共有の財産】


・夫婦が一緒に暮らした家
・夫婦が使っていた車
・土地の権利や有価証券など

これらの夫婦が共有する財産を整理し、借金返済のための資金にします。整理した財産の売却益が借金の残金よりも多かった場合、 残った売却益は夫婦が離婚する際の財産分与で夫婦それぞれが受け取れます。

しかし、離婚をする夫婦のなかには、整理できる財産が無い場合もあります。
そうした場合、夫婦のどちらかが借金を負担することになり、そのことで離婚の話し合いがまとまらないことも...。

そのため、夫婦が離婚時に借金のことで揉めないためにも、夫婦のどちらが負担する借金なのかはっきりさせておく必要があります。

誰の借金か確かめよう



離婚時に残っている借金の支払い責任が、夫婦のどちらにあるかは、借金を作った人の事情によって違います。

たとえば、夫が趣味に使う物を、夫名義のクレジットカードで購入して、離婚時にそのローンの支払いが残っていたとします。

この場合、夫名義のクレジットカードを使い、夫は自分の趣味のための買い物をしたわけなので、妻にそのローンの支払いを求めるのは間違っています。

また、妻が結婚する前に購入した車のローンが離婚時に残っていた場合。

妻が夫と結婚する前に購入した車は、夫婦共有の財産ではなく、妻個人の財産となるため、ローンが残っていれば、離婚後にローンの支払うをするのも妻となります。

財産分与に含まれない借金の種類
  • 結婚前の借金(生活費や趣味)
  • 事業などで生じた借金
  • ギャンブルの借金

財産分与に含まれる借金の種類
  • 自宅を購入した住宅ローン
  • 子供の学費
  • 家族で使う自動車のローン
  • 家族が生活するために必要だった借金

離婚したら子供の保険はどうなりますか?

夫婦共有の財産(借金)ではない限り、夫婦であっても、借金をした人が残りの借金を返済しなくてはなりません。

逆に、夫婦お互いが了解して借りた借金は、財産分与する夫婦の共有財産の中から差し引く形で、夫婦ふたりで負担しなければなりません。

ただし、借金の額が夫婦の共有財産の額を上回っている場合、その超過分の借金額は財産分与の対象外となり、夫婦で折半する必要はありません。
この場合は基本的に、債務名義人となっている方が超過分の借金の返済義務を負う形となります。

注)夫婦のどちらかが債務名義人、もう一方が連帯保証人や連帯債務者となっている場合は、超過分の借金に関しても夫婦の両方に返済義務が生じます。

夫婦共有の借金として大きなものに、家のローンがあります。

家のローンは、先程紹介したように、家を売却して売却益を残りのローン返済にあてるという方法が一般的ですが、 なかには離婚後に、夫または妻が家に住み続けるケースもあるため、この方法が使えない場合があります。

そのため、持ち家を離婚後どうするかよく夫婦で話し合いをしてから、残った家のローンの支払いについて話し合いをしてください。