1. トップへ
  2. 離婚カテゴリ
  3. 別居したら何年で離婚が成立しますか?

別居したら何年で離婚が成立しますか?

A: 確実な年数はありません。しかし別居期間が長ければ長いほど、離婚が成立する可能性は高くなります。

別居して何年で離婚が成立する?別居期間の長さで離婚は可能なのか

別居後、離婚が成立する目安は何年?

夫婦が別居するのには様々な理由があると思います。

離婚を前提として別居をした夫婦が、別居期間の長さを理由に離婚を成立させることはできるのでしょうか?

その答えは、別居期間が長ければ、離婚は成立します。

ただし、どれくらいの期間で別居をすればいいのか、その年数はまちまちで、必ずしも離婚が成立するわけではありません。

別居して何年目で離婚が認められるのか

夫婦は基本的にお互いの同意がなくては離婚することはできません

逆に言えば、同意さえあれば離婚できるとも言えます。

しかし、別居をする人は離婚をすぐにできない何らかの理由がある、または相手が離婚を認めてくれない場合がほとんどです。

離婚をしたくても離婚を認めてくれない。そのような時に取れる手段として、別居期間の長さを理由に離婚を要求するという方法です。

最初に夫婦の同意がなくては離婚ができないと言いましたが、民法第770条に定められた離婚事由に該当すれば、夫婦どちらかの合意がなくても離婚が認められます。

過去の判例では、別居期間が5年以上になると、夫婦関係が破綻しているとみなされやすく、離婚が認められやすいようです。


別居期間が5年等に満たない短期間でも、現在の夫婦の状態によっては離婚の訴えを認められることがあります。離婚が認められる状態、「法定離婚事由」とは、どんなものなのでしょうか?

離婚事由とは


  • 配偶者の不貞行為
  • 配偶者による悪意の遺棄
  • 3年以上の消息不明(連絡など一切なし)
  • 重度の回復の見込みがない病気(身体的病気・精神的病気)
  • その他の夫婦でいる事が不可能な重大な理由(モラハラ、暴力、育児放棄など)
引用:民法第770条 e-Gov法令検索

このような理由があれば、離婚することは可能です。

そして、別居期間が長いというのは、「その他の夫婦でいる事が不可能な重大な理由」という離婚事由に該当することでもあります。

別居期間が長く続いていれば、夫婦としてではなく個人としての生活の方が重要になっており、夫婦関係が破綻しているとみなされます。
上でも挙げましたが、過去の判例から判断すると、5年の別居期間が一つの目安と言えます。

ただし、別居期間が長いか短いかは同居期間に対する年数などの条件などで判断されるため、ケースバイケースになります。


別居期間が長くても離婚出来ない場合もある

ここまで説明してきた「5年」はあくまで判例から見た目安であり、別居した年数が5年以上あるのにもかかわらず、離婚することが出来ない場合もあります。

特にその中でも、離婚を請求したいと考えている側が「有責配偶者」である場合はかなり困難です。

DVや不倫など夫婦のいずれかが離婚原因を作っている場合、その配偶者を有責配偶者といい、有責配偶者からの離婚請求は認められないというのが原則です。

この場合、別居期間が5年以上の長期に及んでいても、離婚が認められるかどうかはケースによるのが現状です。

参照:家庭内別居でも離婚できる?夫婦が離婚するための必須な条件!

別居期間が長期間に及んでいることを始めとして、幼い子供の有無などの条件を総合的に判断して、離婚が認められる可能性はあります。



<おススメの文献>
「Q&A 弁護士のための面会交流ハンドブック」梶村太市、長谷川京子、渡辺義弘
「実務精選120 離婚・親子・相続事件判例解説」加藤 新太郎、前田 陽一、本山 敦
「真の離婚問題解決法」弁護士法人デイライト法律事務所