DVを繰り返す夫と離婚したいです。どうすれば離婚できますか?

 

A: DVは、離婚の条件の「婚姻の継続が困難な重大な事由がある場合」に該当します。DVをしていたパートナーが素直に認めるケースは稀です。その場合、DVを行ったという証拠が重要になります。

DVは日本の刑法では暴行罪や傷害罪にあたり犯罪となります。

結婚生活を継続し難い重大な事由と判断されるので離婚はできますが、DVをしていたことを素直に認める夫はほぼいません。

相手がDVを認めていない場合は、こちら側がDVを受けていたという事実を証明しなければいけないので、離婚を進めるためにはDVを受けていた証拠を集めなければいけません。

DVを受けていた証拠と集める

1. 写真で傷跡を撮影する


暴力を振るわれて怪我をしたら病院に行く前に写真を撮って
おいてください。

物が壊れたり部屋が散らかった場合はその状態も写真に残しておくと、証明するときにどんな状態であったかわかりやすいと思います。

2. 病院で診断書をもらう


暴力を振るわれたときはまず病院に行って診断書をもらいましょう。

客観的に証明するものがなければ裁判ではDVがあったとは認めてもらえないため、病院の診断書は重要な証拠となります。

診断書にはDVで負った怪我であることが記載されていなければいけないので、怪我の原因がDVであることを先生には伝えなければいけません。

3.日記に書く


DVが行われた日の出来事や会話などを詳しくメモしておきましょう。

日記は証拠能力としては弱く、補助的な役割として考えておいてください。 人間の記憶はあいまいなもので、少しでもあやふやな回答をすると裁判官に信憑性が低いと判断されるかもしれません。

記憶を思い出させる役割もかねているので、日記を書くことも大切なことです。

4.ボイスレコーダーで録音する


相手が怒鳴る声や殴られている音、物が壊れる音などを録音しておくとよいでしょう。

音声の証拠でも裁判で決め手とはなりませんが、DVを証明する1つの材料となります。

ペンや電卓といった日用品にカモフラージュされたレコーダーを事前に録音状態にしてセットしておけば、録音がバレることもありません。

5.DVに関するメールを残しておく



友人にDVを受けたことをメールで相談していた場合、
そのメールも残しておいて下さい。

相手から暴力に関しての謝罪のメールが来ていた場合は暴力を振った事実を証明する証拠にもなります。

たいていの場合は、DV夫に離婚を切り出してもまだやり直せると主張してなかなか離婚を認めてくれません。

そんなときは、裁判所から相手に接近禁止命令を出してもらうとよいでしょう。

現在はDV被害者の保護等を目的として「DV防止法」が制定されているので、離婚の手続きを待つ間に国がDV夫からあなたを守ってくれます。