1. トップへ
  2. 離婚関連
  3. 財産分与で相手の財産を把握するため、隠し財産の探し方はありますか?

財産分与で相手の財産を把握するため、隠し財産の探し方はありますか?

A: 隠し財産を見つけるには、隠し場所を特定して、財産分与の手続きを行う必要があります。

離婚して受け取る財産分与は、離婚後の生活を支える資金として大変重要なお金です。

離婚時にもらえる財産分与額を少しでも増やそうと考えるはずです。


しかし、もらえる財産分与額を増やそうとする一方で、意図的に財産を隠して財産分与額を少なくしようとする人もいます。


財産隠しをされてしまうと、もらえるはずだった財産を受け取ることが出来ません。
そこで、夫婦が離婚するとき、相手が財産隠しをしていないか探りを入れようとしますが、どこにどうやって財産を隠しているのか、隠し財産の探し方がよくわからないという方もいらっしゃると思います。


そこで、今回はどのようにして隠し財産を探せばいいのか、隠し財産の見つけ方についてご紹介したいと思います。


隠し財産の見つけ方

最初に、隠し財産は簡単に発見できるとは思わないでください。

財産隠しを行う人の中には、離婚を想定した時点から計画的に財産を隠している人もいます。


計画的に隠された財産を見つけ出すのは困難を極め、夫婦のタンス貯金を見つけるのとは難易度がまったく違います。


まずは、相手がヘソクリなどで財産を隠していないか、隠し財産の痕跡を探してください。

  • 見覚えの無い銀行名の預金通帳
  • 任意保険の契約書の写しや明細書
  • 有価証券や不動産登記簿
  • 退職金の退職金額計算書(または明細書)
  • タンス貯金など現金のヘソクリ

タンス貯金などで現金をヘソクリして、財産を隠しているとしたら、現金を見つけることさえできれば財産分与の対象となります。

しかし、銀行にお金を預けていたり、有価証券や不動産など現金化されていない財産については夫婦でも存在を知らなかったり、存在は知っていても価値があるのか判断が難しい物もあります。

そこで、有価証券や不動産などの隠し財産は、存在自体を見つけ出した上で、有価証券の現物や不動産登記簿の写しを準備して、どれくらいの価値があるのか査定する必要があります。

また、退職金も財産分与の対象となります。
相手が務めていた会社から退職金額計算書が渡されているはずですので、事前に相手から申告された退職金額と計算書に書かれた金額が違わないか確かめてみてください。

離婚に向けて財産隠しを行う人の手口は巧妙です。

銀行に財産の一部を預けて隠す場合でも、ネット銀行にお金を預けることで通帳で隠し財産がバレないようにしたり、銀行からの通知は財産隠しを行った相手のメールアドレスに全て届くように設定していたりします。

もっと手の込んだ隠し財産の方法として、ペーパーカンパニーを作成し、そのペーパーカンパニーの運営資金として会社名義の口座にお金を移動する人までいます。


厳重に隠された財産を発見するのは難しいため、隠し財産を見つけることに躍起になるよりも、確実に取ることができる財産に焦点を絞り、財産分与を行ったほうが取りこぼしを防げる場合もあります。


隠し財産の対処は弁護士に依頼した方が良い?

隠し財産は、ある程度なら個人でも痕跡を見つけることが出来ます。

しかし、あくまで隠し財産の痕跡を見つけることが出来ただけで、どれだけのお金が隠されているのか全てを把握することは出来ないと思います。

そこで、隠し財産がどれだけあるのか調べるため、弁護士に依頼して隠し財産が預けられている銀行などに対して照会することができます。

弁護士会照会を行えば、銀行に預けられている隠し財産の金額を知ることができます。しかし、この弁護士会照会も万能ではありません。

弁護士会照会を行うには、隠し財産が預けられている銀行などについて、最低でも銀行名と支店名が判明している必要があります。


もしも、相手が第三者の銀行口座にお金を移動させるなどして、隠し財産を預けている銀行名がわからない場合は、隠し財産を見つけることができません。


財産分与でやるべきこと

夫婦が離婚するとき、財産分与でやるべきことは今ある財産の把握です。

隠し財産の有る無しは関係なく、現時点で把握出来ている財産がどれだけあるのか確かめておきましょう。


その財産の確認作業中に、隠し財産の痕跡を見つけた場合、相手に隠し財産のことを追求することもできますし、弁護士に依頼をして弁護士会照会などの手段を使うこともできます。


財産分与の請求は、離婚してから2年間は請求することができます。離婚するまでに財産分与をしなくてはいけないと焦って手続きを行うと見落としも出てくると思います。

財産隠しをしている人が入念に準備をしているなら、その隠し財産を見つける側も時間を使って徹底的に探るのもひとつの手段です。


■離婚のお金に関する質問