探偵の尾行テクニックには、どんなテクニックがありますか?

A: 調査対象者に気づかれない探偵の尾行テクニックを一部ご紹介します。


浮気調査を行うときは対象者に気付かれずに尾行をしなけばいけないので、探偵はさまざまな尾行テクニックを駆使しています。

ただ街中を歩いてあるいている人を尾行するだけならそれほど難しい事はありませんが、実際の調査ではさまざまな難しい場面に遭遇します。

通勤時間帯であれば対象者が満員電車や女性専用車両に乗ることも多く、男性調査員では同じ車両に乗ることができません。

エスカレーターやショッピングモールで同じところを行ったりきたりなどもよくあることで、突然登場する自転車、タクシー、浮気相手の車などにも臨機応変に対応して尾行を続けなければいけません。

長時間の尾行を行うと、急にUターンして対象者とすれ違うときもあるのでさまざまな尾行テクニックが必要となります。

尾行テクニック集

1. 距離感に注意する!
尾行の距離感

尾行をする時に一番大切なのは距離感です。

基本は対象者に怪しまれず見失わない距離で尾行しますが、
人通りの多さ・道の大きさ・周辺状況によってその距離間は刻一刻と
変わります。

周辺の状況を瞬時に把握して相手の動きが先読み出来ればスムーズな
尾行が行なえます。


2. 振り返るポイントを察知する
尾行して振り返るポイント

角を曲がる瞬間や信号待ちをしている間など周囲を気にするポイントを把握する事で調査員の姿を見られる回数を減らすことができます。

長時間尾行をするためには姿を見られないことが大切なので、
視界に入る位置で尾行しないのもポイントの一つです。


3. 周囲に溶け込む演技をする

尾行して振り返るポイント

張り込みをする際に囲りに溶け込むような服装をするというのは
聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

これと同じように尾行中も不審者と思われないために周りに溶け込む
演技をします。

街中を歩くときは一般人が歩いているように見える演技をする、
相手がスーパーに入ればスーパーの買い物客の演技をする、 このようにその場所に応じた演技をすることで対象者や周りの人から怪しまれることなく尾行をしています。

後ろを振り返られたときビクッとしたり、オロオロしていると余計目立ちます。

物陰から隠れて見たりする印象はありますが、実際の探偵は調査中にそんな不自然な行動はしません。


4. 自転車を活用する

尾行して振り返るポイント

人通り少ない暗い夜道での尾行は振り替えられた場合高確率で
不審に思われます。

かといって距離を離しすぎると見失ってしまう、このような場合に自転車を使用します。

自転車であれば一瞬で間合いをつめることが出来るので遠くからの尾行でも見失うリスクを軽減できます。

探偵の尾行テクニックを使えば自分でも尾行が可能?

ここでご紹介した探偵の尾行テクニックは、あくまで一部のテクニックです。

一般の方が尾行テクニックを使い、自分で尾行をしたとしても、
尾行が必ず成功するとは限りません。

尾行を成功させるには経験がともて重要で、紹介してテクニックの中にも、尾行の経験が無いと気付かない物がいくつかあります。

一般の方で尾行に慣れている、尾行をした経験があるという人は、
ほとんど居ないと思います。

そのため、一般の方が尾行テクニックを使って尾行を行ったとしても、
尾行が成功する可能性は限りなく低いです。

どうしても調査を失敗したくない、尾行を自分でやる自信が
無いという方は、我々プロの探偵にお任せください。

尾行調査の経験豊富な調査員が多数在籍しています。
どのような調査をご希望されているかご相談いただれば、
その調査に適したプランでの調査をご案内いたします。