1. トップへ
  2. 浮気カテゴリ
  3. 尾行調査で使うGPS機器の入手方法を教えてください。

浮気の尾行調査で使うGPS機器の入手方法を教えてください。

A: 浮気調査で使うGPS機器は自分でネット購入したり、専門業者などでレンタルしてもらうことができます。

浮気調査で使うGPS機器の入手方法について

浮気調査に使うGPS機器を使うという人は、まずGPS機器を入手する必要があります。

GPS機器の入手方法には、主に購入かレンタルの2種類があります。

購入とレンタル、選ぶならどっちを選んだほうがいいのか、入手方法を決めるポイントについてご紹介したいと思います。

GPS機器の入手方法

GPS機器の入手方法には、購入かレンタルの2種類があります。

2つの入手方法のどちらでGPS機器を準備するか決めるポイントをご紹介します。

GPS機器を購入する場合

GPS機器を購入して入手する場合、インターネット通販を使うのが一番簡単な購入方法です。

大手の通販サイトで「GPS」と検索すれば、GPS機器を見つけることができます。

1万円代で購入することが出来ます。ただし、GPS機器にも色んな種類があります。

登山に使うちょっと高級な物から、キーホルダータイプの物まで様々です。

浮気調査で使う事を前提にしてGPS機器を選ぶのなら、GPS機器を取り付ける場所や状況を想像してから購入してください。

登山に使うようなGPS機器は、野外で使うことが前提ですので、頑丈な見た目をしていてちょっと大きめのスマートフォンぐらいの大きさをしています。

これでは、浮気をしている人のカバンなどにGPS機器を忍ばせるのは難しいため、候補から外します。

GPS機器を購入する際には、以下の点に注意してください。

  • GPS機器のサイズ
  • 取り付け方法
  • SIMとセット
  • ロガーとリアルタイム

最近普及しているキーホルダータイプのGPS機器は、有効範囲が30mから50mという近い距離でしか位置情報を特定することが出来ないため、浮気調査には向いていないので注意が必要です。


GPS機器をレンタルする場合

GPS機器をレンタルしている業者は、浮気調査に使うGPS機器レンタル専門業者だったり、様々な物をレンタルしている一般のレンタル業者があります。

GPS機器をレンタルするなら、浮気調査に使うGPS機器を専門に取り扱っているレンタル業者を選ぶほうが安心できます。

何故なら、浮気調査に使う事を前提にしたGPS機器のレンタルを行っているので、GPS機器で迷う必要がありません。

しかし、レンタルでは以下の点に注意してください。

  • レンタル期間
  • レンタル料金
  • 保証
  • 延滞遅延金

レンタル期間は業者によって違いがありますが、およそ1周間~1ヶ月ぐらいの期間がよくあります。

このレンタル期間は、浮気調査を行う期間を想定して決めます。

レンタル料金は、1日単位の料金を比較してください。より安いレンタル料金を探している場合は、これでレンタル料金の安い業者を見つけることが出来ます。

また、保証や延滞遅延金では、レンタルしたGPS発信機を間違って紛失してしまった際の損害補償やGPS機器の返却予定日を過ぎても返却できなった場合に支払う遅延延滞金などを事前に確認するようにしてください。

GPS機器で注意すること

GPS機器で使うSIMカード

GPS機器には、位置情報を受信するためにネットワークに接続する必要があります。

そのため、GPS機器本体にネットワークに接続するためのSIMカードを差し込む必要があります。

このSIMカードは、自分でGPS機器を購入したと同時に、SIMカードのプロバイダとも契約する必要があります。

SIMカードにも色んな種類があり、月額利用のものからレンタルやプリペイドといった物があります。

また、購入したGPS機器にSIMカードが付属する物と付属しない物があるので、SIMカードの有無を必ず確認してから購入するようにしてください。

GPSの種類に注意する

GPSには、ロガータイプとリアルタイムタイプといった2種類があります。

ロガータイプとは、GPS機器の位置情報を記録しますが、その記録を確認するためにはGPS機器を回収してパソコンなどにデータを移動させないと位置情報を確認することができません。

リアルタイムタイプは、GPS機器が今どこにあるのかをリアルタイムで調べることができるので、浮気調査の調査対象者がどこへ行ったのか、自宅のパソコンや自分のスマホから確認することができます。

GPS機器は購入とレンタルどちらを選ぶか

GPS機器を購入するか、それともレンタルするか選ぶ際には、浮気調査でGPS機器をどのように使うのかよく考えてから選ぶようにしましょう。

GPS機器を購入した場合とレンタルした場合の違いをよく理解した上で、どの方法でGPS機器を入手するか決めてください。