• 浮気調査の完全成功報酬プランには、どんな成功条件がありますか?

浮気調査の完全成功報酬プランには、どんな成功条件がありますか?

A: 例えば、浮気調査の場合、「ラブホテルへの出入りを撮影」といった成功条件がありますが、完全成功報酬プランの成功条件は調査の難易度で条件の内容が大きく違います。


完全成功報酬プランは浮気の証拠が撮影できてから、はじめて報酬が発生します。

浮気調査の成功条件は契約内容によって違っていて、その難易度によって報酬も大きく変わってきます。

成功条件と報酬額は後々にトラブルとならないためにも契約前にしっかりと決めておかなければいけません。

成功条件例

  • 「ラブホテルへの出入りを撮影できれば成功」
  • 「浮気相手宅への出入りを撮影できれば成功」
  • 「浮気相手と手を繋いでいる姿が撮影できれば成功」
  • 「浮気相手とのデートシーンが撮影できれば成功」
  • 「浮気相手の自宅が判明できれば成功」

成功条件は依頼者と相談をしてを決めていきますが、
パートナーまたは浮気相手に慰謝料請求をするかどうかでまず成功条件は大きく分かれます。

慰謝料請求する場合は、示談もしくは裁判となりますが、
裁判ではラブホテルや浮気相手宅への出入りの映像は必ず必要となるので成功条件は「ラブホテルへの出入りまたは、浮気相手宅への出入り」となります。

キスの映像や浮気メールでは不貞の証拠として認められないので
慰謝料を請求する場合はこれ以外の成功条件はありません。

慰謝料請求が目的でない場合は、依頼者が相手のことをどこまで知りたいかによって成功条件は変わります。

世間一般ではキスをしたり手を繋げば浮気と見なすことも出来るので、夫婦間で話し合いをするだけならこれで十分証拠となるでしょう。

隠れて異性と会っていないか知りたいという場合は、異性とデートしている姿が撮影できれば良いので成功条件はそれほど難しくない調査となります。

このように何を目的とするかで成功条件を決め、それを達成する難易度が難しければ報酬も高くなっていきます

調査の難易度はどうやって決まる?

調査の難易度は「成功条件と事前情報の量」から考慮して決められます。

ラブホテルへの出入りの撮影とデートシーンの撮影の2つを比べると、当然デートシーンの撮影が成功条件である調査のほうが簡単です。

さらにデートする日までわかっていれば、その日に調査を行なえば良いので1日で調査結果を出すことが出来るでしょう。

事前に対象者の行動パターンがどこまで把握できているか、
浮気相手の存在をどこまで把握しているかなど情報量の多さに
よって調査期間は大きく変わってきます。

成功条件が簡単でも事前情報が全くない場合は調査期間が長引くこともあるので、成功条件と情報量によって調査の難易度を判断していきます。

探偵が、どんな成功条件、どれだけの情報量で難易度を判断するのかは、探偵それぞれで基準が異なります。

そのため、複数の探偵事務所に、同じ成功条件、同じ情報量で費用の見積もりを依頼しても、金額がバラバラということはよくあります。

また、高難易度の調査を依頼して、あまりにも高額な金額を提示された場合は、成功条件の難易度を引き下げるか、情報の収集を目的とした調査に切り替えるなど、調査内容の見直しをしたほうがいいでしょう。