慰謝料裁判で勝つためには、1回の浮気の証拠で不十分というのは本当ですか?

A: 裁判に必要な証拠の数に、これだけあれば裁判に勝てるという証拠の数はありません。ただ、出来るだけ多くの証拠を揃えれば裁判で勝利を得る可能性は高くなります。

浮気調査を依頼される方のなかには、「浮気の証拠が1つ取れたらいい」という考えで浮気調査を依頼されるケースがありますが、これはおすすめできません。

弊社としては、可能なら複数の証拠を集めることをおすすめしています。

なぜなら、浮気の証拠が1つでは、裁判で浮気の証拠として不十分だと判断されたり、交渉では言い逃れをされる可能性が高いからです。


浮気をしている人がよく使う言い逃れ


  • 「浮気なんてやってない!」と頑なに浮気を認めない。
  • 「ただの友達(同僚)」だと誤魔化す。
  • 「お前(あなた)の勘違い」だと主張する。
  • 「打ち合わせで泊まった」だけだと男女の関係を否定する。

そのため、弊社の浮気調査では、浮気の証拠を複数集める事を前提に調査計画を立てます。

では、証拠が複数あれば裁判や交渉が有利となる理由について、ここでご紹介したいと思います。

慰謝料を請求する裁判で勝つには証拠が必要

ご存知だと思いますが、浮気に対する損害賠償を、パートナーや浮気相手に慰謝料という形で請求することができます。

この慰謝料を請求する裁判で、浮気の証拠が有るのと無いのでは、結果がまったく違います。

浮気の証拠が無い場合

浮気の証拠が無いということは、パートナーと浮気相手が肉体関係を持っていたと証明出来ない。

慰謝料を請求する裁判を起こしたとしても、裁判で勝つことはできません。

当然、裁判費用などは全て自己負担となります。

浮気の証拠が有る場合

浮気の証拠が有れば、パートナーと浮気相手に慰謝料請求の裁判で勝つ可能性が高くなります。

しかし、証拠が1つしかなかったら、その1つしかない証拠が言い逃れされてしまう可能性があります。

例えば、LINEのトークで肉体関係を思わせる書き込みが1件残っていたとします。

そのトーク内容を浮気の証拠として、パートナーと浮気相手を追求しても、「ふざけていただけ」、「冗談のつもりだった」と言われてしまえば、LINEのトークに1度しかなかったことですから、確実な浮気の証拠とは言えず、言い逃れされてしまいます。

では、LINEのトークで複数回の肉体関係を思わせる書き込みがあったら。 肉体関係を思わせる書き込みが複数あれば、「ふざけていただけ」というのは言い分として苦しく、言い逃れが難しくなります。

LINEのトークひとつでは、浮気の証拠として効果は低いですが、トークが複数なら浮気の証拠として効果が期待できます。

浮気の証拠として証拠能力が期待出来る物

次に浮気の証拠として証拠能力が高い証拠品を見ていきましょう。

『証拠能力が高い証拠品』
  • 浮気相手とホテルへ出入りする映像または写真を複数点。
  • 浮気相手とパートナーが浮気を認めた文書または音声データのどちらか、もしくは両方。

『証拠能力の低い証拠品』
  • 浮気相手とやり取りしたメールの内容。
  • 浮気相手とやり取りしたLIEN(SNS)の記録。
  • 浮気相手とデートをした際の領収書。
  • 浮気相手と手をつないでいる現場の映像または写真。
など

証拠能力の高い証拠品は、探偵の浮気調査やパートナーと浮気相手を追求した際に手に入れることが出来る物です。

ただし、浮気相手とホテルへ出入りする映像または写真は、ひとつだけだと、「体調が悪くなって休憩するために仕方なく入った」など、言い逃れされる可能性があります。

そのため、ホテルへ出入りする映像や写真は、複数用意する必要があります。

証拠能力の低い証拠品は、単体では浮気の証拠として効果を発揮することはできませんが、複数の証拠を組み合わせたり、メールやLIENのトークで肉体関係を思わせる内容が複数あれば証拠として認められ場合があります。


証拠品の数は慰謝料の金額には影響しない

浮気の証拠が複数あれば、パートナーや浮気相手に請求できる(払って貰える)慰謝料の金額が高くなる。と思っている方がいますが、これは間違いです。

浮気の証拠の数が、慰謝料の金額に影響することはありません。

ただし、浮気の証拠が沢山集まるということは、それだけ浮気を沢山行ったということで、「より悪質な行為」であったと裁判で認められたら、受け取る慰謝料の金額に若干の変化があるかもしれません。

このように、浮気の証拠はひとつよりも、複数の証拠がある方が有利に裁判を進めることができるだけでなく、浮気の被害者にとって有利な結果を手に入れることが出来る可能性が高くなります。

浮気調査を依頼する際は、複数の証拠が手に入るよう、裁判を意識して探偵へご相談ください。