DVが原因で離婚したら慰謝料はいくら請求できますか?

A: DVを受けたことによる、精神的苦痛の慰謝料を取ることができます。
状況によって差はありますが、10万円~200万円程の慰謝料をとることができます。

DVが原因で離婚する場合、慰謝料請求を考えているのなら、まずはDVを受けていた証拠を集めることが重要です。

証拠となるもの


・『暴力の場合』

  • 暴力を受けて出来た傷やあざなどの写真。
    病院へ行き、診断書をもらう。
  • 暴力を受けたときの日時や状況など、
    詳細な情報(メモや日記)
  • 暴力を受けている事実を知る人(第三者)
    の証言
  • 暴力が振るわれている現場の映像

・『言葉による暴力(モラルハラスメント)の場合』

  • レコーダーなどで、
    暴言などを録音しておく。
  • 暴言をはかれたときの日時や状況など、詳細な情報(メモや日記)
  • 暴言をはかれている事実を知る人(第三者)の証言
  • 暴言をはかれている現場の映像

なお、DVを受けている側から離婚と慰謝料の話し合いをする場合、2人だけで話し合おうとすることは避けるべきです。 更なるDV被害を受ける可能性があるので、第三者に話し合いに入ってもらうことが必要です。 第三者に間に入ってもらって話し合いをする前に、すぐ別居生活が可能な住居、別居生活を支える安定した収入(新しい就職先)などの準備をしてから、
話し合いを行うようにしましょう。

DV被害の慰謝料額


では、DVの証拠が十分揃い、慰謝料を請求することができたとして、DVの加害者にどれだけの慰謝料を請求するのが妥当なのか。

DV被害での慰謝料の計算方法は、不貞行為に対する慰謝料の計算方法と共通する部分があります。

・ 婚姻期間の長さ。
・ 相手の収入の高さ。
・ 慰謝料を請求する人の年齢。
・ 社会的地位の高さ。
・ 養育が必要な子供の年齢や人数。
・・・など

この条件から、どれぐらいの慰謝料が妥当なのか計算されます。また、DV被害の慰謝料では、上の条件以外で慰謝料が高額になる場合があります。


  • 身体(精神)的苦痛の度合いの大きさ。
  • DVを受けた回数と期間の長さ。
  • DVが原因で受けた障害や後遺症の度合いの大きさ。
  • DVが原因で精神疾患を患った場合。

DVの被害者には、その行為によって負った怪我が
原因で後遺症に悩まされるケースがあります。 このような場合、請求できる慰謝料の金額が大きくなることがあります。 DV被害の証拠を揃えると同時に、DVによって受けた怪我や障害・後遺症に対する損害を賠償するため、医師からの診断書が必要になる場合がありますので、病院で診察を受けて診断書を用意するのも、証拠集めと同時に行うといいでしょう。