デートDVには、どんな被害事例がありますか?

A: デートDVの被害事例は様々ですが、デートDVの被害事例は主に5つの暴力に分けられます。

デートDVとは?

デートDVとは、交際している恋人から受けるDV行為のことで、DVには肉体的暴力や精神的暴力があります。

しかし、肉体的暴力や精神的暴力とはいっても、人によってDVだと感じる内容には違いがあります。

ここでは、どのような行為がデートDVに該当する行為なのか、よくあるデートDVの被害事例についてご紹介したいと思います。

デートDVの5つの形態

デートDVは恋人に直接暴力を振るうだけではありません。

デートDVは主に5つの形態があると思われます。

1.肉体的暴力

殴る蹴るといった、恋人の肉体に直接怪我を負わせるような行為です。

恋人に対して気に入らないことがあったり、他に暴力を振るうような要因があって恋人を直接攻撃してきます。

肉体的な暴力を振るう人のなかには、恋人を腕力で屈服させようと考える人、恋人を自分の思う通りにコントロールするための手段として、肉体的な暴力に発展するケースがあります。


2.精神的暴力

肉体的な暴力とは違い、恋人の肉体に直接暴力を振るうのではなく、言葉や態度で恋人の精神にダメージを与える暴力のことです。

例えば、大きな声で怒鳴ったり、ヒステリックに叫ぶなどがデートDVの精神的な暴力に該当します。

言葉の暴力には、恋人を精神的に追い込み行動を縛り付ける効果があり、恋人のなかには態度とそうした酷い言葉を使い、恋人の行動を制限する人もいます。

3.性的暴力

恋人に対して性的な暴力を加える事例もあります。

例えば、避妊に非協力的で性交渉を拒んでも無理やりやらされる。

見たくもないポルノ映像を延々と見せられたり、性的なイメージが強い下着や服装の着用を強制させられたりなどが、デートDVの性的暴力に該当します。

4.経済的暴力


経済的暴力とは、金銭に絡む暴力のことです。

例えば、デート費用の支払いを強制したり、高価なプレゼントを強請る、仕事の邪魔をしてくるなどが経済的な暴力に該当します。

女性が男性に対して経済的暴力を振るうこともあれば、逆に男性が女性に金銭を求めるケースもあります。

5.社会的暴力

社会的暴力はプライバシーの侵害と言い換えることもできます。

例えば、恋人の行動スケジュールを常に監視したり、行動を束縛するような約束をさせるなどがあります。

また、恋人の持ち物や携帯電話を勝手に覗き見したりする行為もデートDVの社会的暴力に該当します。

デートDVの被害者がとるべき対処とは

ここでご紹介した5つのデートDVの形態で該当する被害を経験したことがある方は、恋人と今後どのように接したらいいのか悩んでいらっしゃると思います。

また、デートDVを受けた経験がない方も、今後恋人から暴力を受けないとは完全には言い切れません。

万が一に備えて、デートDVの対処方法を知っておく必要があると思います。

対処方法1.デートDV加害者の恋人と別れる

デートDVの加害者と別れるというのが一番はじめに思い浮かぶ対処方法ですが、デートDVの加害者と別れる場合、別れ方に注意が必要です

肉体的・精神的な暴力を振るう加害者に対して別れ話を切り出すと、暴力がエスカレートしたり、別れ方を間違うと恋人がストーカー化する可能性もあります。

デートDV加害者と別れる場合は、一旦距離を取るなどして、恋人が自分に向ける興味をなくすように持っていくなど、徐々に離れていくのが安全な別れ方になると思います。

対処方法2.第三者に仲裁してもらう

デートDV加害者との間に第三者を挟むことで、冷静に話合いをする機会を設けることができるケースもあります。

仲裁に入ってもらう第三者は、友人でも良いですが、酷い暴力を振るってくる相手の場合は、弁護士や警察に相談をして仲裁してもらうのも方法のひとつです。

対処方法3.民間の相談窓口を利用する

デートDVに関する被害について民間の相談窓口を利用して、対処方法のアドバイスをしてもらうこともできます。

また、恋人がストーカー化してしまった場合、一時的に非難する場所としてシェルターなどの案内をしている団体もあります。

一時非難を考えている方、事を大きくしたくない、まずは自分で対処をしたいと考えている方は相談窓口を利用して自分にあったアドバイスをもらってみてはいかがでしょうか。