1. トップへ
  2. 離婚関連カテゴリ
  3. 離婚した後、何を名義変更する必要がありますか?

離婚した後、何を名義変更する必要がありますか?

A: 国民年金や国民健康保険など、離婚して名義変更しないと困るものが沢山あります。

離婚で名義変更が面倒、という方がいますが、これは危険です。
名義変更の手続きが必要なものの中でも、うっかり忘れてしまいがちなものについてご紹介します。

名義変更しなかったらどうなる?離婚したら名義変更手続きをしよう!

離婚で名義変更が必要な物とは?

離婚したら様々手続きを行う必要があります。

国民年金や医療保険の名義変更が有名だと思います。

名義変更をしていないと、年金の受給ができなかったり、医療保険の医療費控除を受けられないなどのデメリットがあります。

離婚で名義変更が必要な物一覧

  • 住民票
  • 世帯主の変更
  • 印鑑証明
  • 国民健康保険
  • 国民年金
  • 児童手当
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 各種任意保険
  • 銀行口座
  • クレジットカード
  • 自動車
  • 住宅など不動産
  • 公共料金や通信費などの契約
など

簡単にあげただけで、これだけの物が名義変更の必要があります。

この名義変更が必要な物の中から、忘れられることが多い各種保険とクレジットカードの名義変更手続きについて詳しくご紹介したいと思います。

任意保険の名義変更手続きが必要


婚姻期間中に夫婦で車の任意保険や自賠責保険、または生命保険など、各種の保険に加入していると思います。

離婚したら、これら保険の名義変更をしてください。
保険の名義変更をしないままでいると、車で事故を起こした場合や病気で入院した時など、保証を受けられません。

また、保険の契約者の名義だけでなく、被保険者の分も、名字が変わる場合は忘れずに名義変更の手続きをしましょう。

保険の種類はいくつもありますが、名義変更の手続きはほとんど同じです。

保険の代理店または保険会社のカスタマーセンターなどに問い合わせをして、保険の名義変更手続きを行います。

この際に、名義変更の理由や名義変更に必要な書類を保険会社に提出することもあります。

クレジットカードと銀行口座の名義変更をしよう

月々の支払いにクレジットカードを使っていたり、銀行に定期預金口座などを持っていた場合も名義変更を行ってください。

クレジットカードは名義を変更しなくても使うことはできます。
しかし、名義が変わっていたことが後からカード会社に知られると、最悪カードの利用を停止される可能性もあります。

銀行で作った口座も、名義を変更せずに使用することはできますが、定期預金の解約手続きに時間がかかったり、その他の銀行で受けられるサービスを利用できなくなる可能性があります。

離婚したら、クレジットカードと銀行口座の名義変更を必ず行ってください。 また、クレジットカードだけ、または銀行口座だけの名義変更をしていた場合、クレジットカードで買物や引き落としが出来ません

名義変更をする際にはクレジットカードと引き落とし銀行口座の名義変更を同時に行ってください。


忘れがちな子供に関する名義変更手続き


離婚される本人たちは名義変更の手続きを忘れずに済ませたけど、子供に関連する名義変更を忘れていた、というケースがあります。

子供に関連する名義変更でよく忘れられるのが、学校(幼稚園や保育園も含む)の学費や給食費などです。

ここ最近は、給食費を銀行口座からの引き落としにする学校も増えていて、離婚した際に子供の名義変更を忘れていたり、学校へ伝え忘れてしまっていたというケースが意外と多くあるそうです。

また、学費は年1回や学期末など、支払いの間隔が長いため、引き落とし口座の変更手続きを忘れてしまっていたというケースもあります。

こうした失敗が起こってしまう原因として、離婚しても父親の名字を子供に名乗らせているなどした場合に多いようです。

子供の名字を変更したら親が離婚したことが周囲に知られてしまうため、名字を変更しないという選択ができる一方で、名義変更手続きが必要なケースもあるので、子供の何に名義変更手続きが必要か離婚前に確認してください。


離婚したら名義の変更手続きを忘れずに

離婚しても名義変更をしなかったことで、離婚後に様々な問題が発生します。

ですが、この問題は、離婚時に名義変更をちゃんとしていれば防ぐことができます。

離婚を考えている、現在離婚手続きの真っ最中だという夫婦は、名義変更が必要な物について改めて確認をしてください。