1. トップへ
  2. 離婚関連
  3. 離婚したとき子供の姓と戸籍を変更する流れを教えてください。

離婚したとき子供の姓と戸籍を変更する流れを教えてください。

A: 離婚したとき、何も手続きを取らないと、子供の姓と戸籍は元のまま変更されません。 ここでは母親が子供を引き取った場合を例に挙げ、子供の姓と戸籍を母親の旧姓のものに変更する手続きの流れについて、詳しく解説します。

離婚して子供の姓と戸籍を、母親の姓と戸籍に変更する手続きの流れ

子供の姓と戸籍の変更の流れとは?

元夫の戸籍から子供の戸籍を自分の戸籍に移したい。
子供の姓を元夫の姓から自分の旧姓に変更したい。

このように、「結婚したとき姓を変更した女性」が離婚したとき、子供の姓と戸籍を変更したい場合は手続きが必要です。

子供の姓と戸籍を母親の旧姓、戸籍に変更する方法は、3段階に分かれます。

  1. 離婚届に、新しい戸籍を作ることを記載し提出する
  2. 裁判所に子供の氏の変更許可申立をする
  3. 自分の戸籍に子供を入籍させる

子供の姓と戸籍を変更しようとするとこのような流れになります。

これは大雑把な流れなので、次はこの流れを詳しく解説したいと思います。

1.離婚届に、新しい戸籍を作ることを記載し提出する

まずは、婚姻中の本籍地がある市役所で離婚届をもらって必要事項に記入します。

離婚届を作成して提出することで、婚姻関係が解消され、元夫の戸籍から自分の戸籍を抜くことになります。

この時点では、子供の姓と戸籍は元夫の姓と戸籍のままです。
子供の姓を母親の姓にして、子供の戸籍を元夫の戸籍から移す場合は、新しく母親の戸籍を作る必要があります。

新しく戸籍を作る場合、離婚届を作成する際に、「婚姻前の氏にもどる者の本籍」の項目で「新しい戸籍をつくる」にチェックを入れ、新しい戸籍の本籍地を記入します。

本籍地とは、戸籍を置く場所の住所です。
日本国内であればどの場所にでも設定できますが、生活の拠点とする場所にしておいたほうが、手続き上不便がありません。


2.裁判所に子供の氏の変更許可申立をする

新しいあなただけの戸籍を作ることができたら、子供の姓と戸籍を変更する手続きを行います。

まず、子供の姓を変更するためには、裁判所に「子の氏の変更許可」の申立を行います。 この申立を行う裁判所は、子供の住所地になるので間違わないようにしてください。 申立に必要な書類は以下の通りです。

  • 申立書(裁判所のホームページからダウンロード可)
    子の氏の変更許可|裁判所のホームページ
    (※表示されたページの「6.申立書の書式及び記載例」に表示される「書式記載例」のリンク先からダウンロードできます。)
  • 子供の戸籍謄本
  • 父親の戸籍謄本
  • 母親の戸籍謄本
  • 収入印紙(800円)
  • 返信用の郵便切手

戸籍謄本は全部事項証明書の物でないといけません。

また、父親と子供の戸籍はこの時点では同じはずですから、子供の戸籍謄本を取得すれば、父親の戸籍も一緒に手に入れることができるので覚えておきましょう。

収入印紙は裁判所で購入できます。

また、申立をする子供の人数によって必要な収入印紙の数も違いますので2人以上の子供の姓を変更される場合は注意してください。

ほとんどの場合、この申立が許可されないということはありません。


3.自分の戸籍に子供を入籍させる

無事に子供の氏を変更することができたら、裁判所から審判書謄本が届きます。 この審判書謄本を持って、子供の本籍地、もしくはあなたの住所地の役所で子供の戸籍変更手続きを行います。

戸籍の変更手続きは「入籍届」を出すことで可能です。

届出先によっては、裁判所からの審判書謄本以外に、子供や自分の戸籍謄本が必要になる場合がありますので、詳しくは申請先の市区町村役場に問い合わせを行いましょう。
離婚時に新しい戸籍を作らず元の戸籍に戻った後に、子供を母親の戸籍に入れたい事情ができた場合、どうすればいいのでしょうか?そのための手続きをご紹介します。

離婚届を提出した後に新しい戸籍を作る場合は?

離婚届を提出する段階で同時に母親が新しい戸籍を作り、子供を母親の新戸籍に入籍させる方法をご紹介しましたが、場合によっては、離婚をするタイミングではまだ子供の籍を移動せず、離婚後しばらくしてから子供の籍を移したいと考えるケースもあるでしょう。

そのような場合でも、基本的には前項でご紹介した手続きを行なうことで、子供を母親の籍に移動させることができます。

ただし、離婚時に母親が自分の親の籍に戻っていた場合、そのままでは子供を母親の籍に入れることはできません。
同じ戸籍に入ることができるのは2世代までだからです。

離婚して母親が自分の親の籍に戻り、後から子供を自分の籍に入れたい場合は、下記の手順で手続きを行いましょう。

  1. 母親が自分の親から分籍する
  2. 裁判所に子供の氏の変更許可申立をする
  3. 母親の新しい戸籍に子供を入籍させる

分籍の手続きは、現在の本籍地を管轄する市区町村役場・新しい本籍地となる市区町村役場・現住所がある市区町村役場のいずれかに分籍届を提出します。

その際、現在の戸籍謄本も合わせて提出する必要があります。
また、分籍届に必要項目を記入した後、捺印をしなければなりませんので印鑑も予め用意しておきましょう。

(ただし、未成年者は分籍の届出を行なうことができませんので、母親が20歳未満である場合は、成人するまで待つ必要があります。)

こうして、まずは母親の新たな戸籍を作ったうえで、子供の氏の変更と移籍を行います。
子供の氏の変更と移籍の手続方法は、前述した内容と変わりません。


姓と戸籍の変更手続きで注意すること

子供の姓と戸籍変更の手続きの流れをご紹介しました。

この流れで子供の姓と戸籍は変更することができますが、手続きではいくつか注意することがあります。

例えば、元夫に離婚後の住所を知られたくない場合。

離婚後の住所を本籍地として新しく戸籍を作る場合には、離婚届に本籍地となる住所を記入しますが、夫に離婚後の住所を知られたくないケースもあると思います。

そのような場合は、離婚後の住所を記載せずに離婚届を提出した後、新戸籍を作る届出を行う必要があります。

また、最近増えているのが、離婚後も元夫の姓を名乗るケースです。

結論から言えば、離婚後も元夫の姓を名乗り、その姓で新しく戸籍を作り、子供もその戸籍に移すことは可能です。

ただし、元夫の姓を離婚後も名乗る場合には、離婚後3ヶ月以内に「婚氏続称の届」を行う必要があります。

そのため、旧姓に戻る場合の離婚手続きの他にもうひとつ手続きが必要になるので注意してください。