1. トップへ
  2. 離婚関連
  3. 離婚したら子供の保険はどうなりますか?

離婚したら子供の保険はどうなりますか?

A: 保険の種類や、離婚後両親のどちらの扶養に子供を入れるかによって、必要な手続きが変わってきます。

女性の場合、結婚中は夫の扶養に入っているという方が多いかと思います。その場合、離婚すると夫の扶養から外れることになるため、自身の保険は新たに加入し直すなどの手続きが必要になります。

では、子供の保険はどうなるのでしょう?

妻が親権者となり子供を連れて離婚する場合、子供は自動的に妻の扶養に入るだろうと思われがちですが、実は、条件次第では夫の扶養に入れたままにするという選択も可能です。

その条件とは、夫が養育費をきちんと支払っていること。
「養育費を支払っている=子供を養っている」状態であれば、親権を持っていなかったり一緒に住んでいなくても、子供を扶養に入れることはできるのです。

もし、結婚中子供が夫の扶養に入っていて、離婚後も子供は夫の扶養に入れたままにしたい場合は、とくに手続きは必要ありません。
ただし、子供の健康保険について何か変更が必要になった際などは、別れた夫に連絡を取って手続きをしてもらわなければいけないため、利便性の面ではかなり面倒になるでしょう。

子供を妻の扶養に入れる場合の医療保険の手続き

離婚に際して、子供を夫の扶養から外し妻の扶養に入れかえたい場合は、子供を夫の扶養から外す手続きを行う必要があります。
妻が親権をもつからといって自動的に扶養も妻に切り替わるわけではないので、注意しましょう。

夫扶養の健康保険→妻扶養の健康保険へ
夫の勤め先企業の健康保険に被扶養者として子供が加入していた場合は、企業に子供の分の保険証を返却、「被扶養者(異動)届」を提出するなどの手続きを行います。

その後、妻の勤め先企業の健康保険に被扶養者として加入する場合は、妻の勤め先企業で必要な手続きを行います。

夫扶養の健康保険→妻扶養の国民健康保険へ
夫の勤め先企業の健康保険から脱退し、妻の国民健康保険に被扶養者として加入させる場合は、夫の勤め先企業での手続きの後、役所の窓口で国民健康保険の加入手続きを行います。

夫扶養の国民健康保険→妻扶養の健康保険へ
夫の国民健康保険に被扶養者として子供が加入していた場合は、役所の窓口で子供を夫の扶養から外す手続きを行います。

その後、妻の勤め先企業の健康保険に被扶養者として加入するには、妻の勤め先企業で必要な手続きを行います。

夫扶養の国民健康保険→妻扶養の国民健康保険へ
夫の国民健康保険から脱退し、妻の国民健康保険に被扶養者として加入させる場合は、役所の窓口で異動の手続きを行います。



離婚によって妻が夫の扶養から外れる際は、保険の脱退手続きや新たな保険への加入手続きを行うケースが多いでしょうから、上記のいずれの場合にしても、妻の保険の変更手続きと同時に子供の保険の変更手続きも行うことになるでしょう。

学資保険・個人年金や任意保険に加入していた場合

医療保険や年金保険は、夫の扶養家族から外れた時点で、新たに加入の手続きを行えば問題ありません。

では、民間の個人年金や学資保険、その他の任意保険に加入していた場合、その保険はどうなるのでしょうか?

この3つの保険いずれかに加入していて今後も保険契約を継続したい場合は、保険の契約名義を親権者となる方の親の名義に変更しましょう。
もともと、親権者となる方の親の名義で契約していたものならば、特に変更の手続きは必要ありません。

また、子供の学資保険などは、離婚時の財産分与に含まれるのでは?と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
原則としては、子供の学資保険なども、結婚中に夫婦双方の協力によって築かれた財産ということで財産分与の対象になります。
しかし、学資保険は子供の将来のためのお金であることから、財産分与に含めずに親権者となる方が受け継ぐということもできます。

離婚の際には行わなければいけない手続きが沢山ありますが、その中でも、子供の保険の加入や名義の変更の手続きを忘れずに行いましょう。